事件

山本直樹に出身大学・経歴詐称の闇医者疑惑!怪しげなクリニックで荒稼ぎかALS女性嘱託殺人

事件

ALS女性嘱託殺人の疑いで逮捕された山本直樹容疑者の出身大学と経歴については?大久保よしかずとの出会についても紹介。また、山本容疑者が院長を勤めるICIクリニックについての詳細や、林優里さんとのTwitter、DMやりとりも公開していきます。

 https://norarikurarigo.com/okubo-2/ ‎

 https://norarikurarigo.com/okubo/ ‎

山本直樹容疑者と大久保愉一容疑者がALS女性に安楽死施行し死亡させる

・東京都の医師山本直樹容疑者(43)と宮城県名取市でクリニックを営む仙台市の医師大久保愉一容疑者(42)は筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性、林優里さんに安楽死を施し死亡させ、嘱託殺人の疑いで逮捕された。

・大久保容疑者と山本容疑者は林優里さん(51)から依頼を受け、昨年11月30日夕に京都市の自宅マンションを訪れ、室内で薬物を林さんの体内に投与し、死亡させた疑い。 

・両容疑者とみられる不審な男2人がマンションを訪れた後、林さんの容体が急変し、病院に搬送されて死亡が確認された。林さんの体内からは普段服用していない薬物が検出され、京都府警の捜査のもと、防犯カメラの映像などから2人を特定される。

・山本容疑者の口座には、女性から100万円以上の現金が振り込まれていた。女性が、会員制交流サイト(SNS)を通じて大久保容疑者に殺害を依頼した形跡があった。

・山本容疑者と大久保容疑者は林さんの主治医ではない。

・林優里さんは、死亡する直前は発語や手足を動かすことができない状態だったが、意識ははっきりしており、メールなどで発信できた。

 

山本直樹容疑者に医師免許不正取得の可能性があると話題

山本容疑者、大学を卒業していないのに医師受験をして医師資格を得たという情報が。

関係者によりますと山本直樹容疑者(43)は、大久保医師と医学部のある国内の別の大学に通っていた学生時代に知り合ったとみられています。
しかし山本医師はこの大学を中退していて、その後、医師になるまでの経緯に不自然な点がみつかったということです。
関係者によりますと、山本医師は平成22年に医師の国家試験を受験する際、海外の大学の医学部を卒業したと厚生労働省に申請していたということです。
ところが、警察がこの大学に問い合わせたところ、卒業した事実が確認できなかったということで、海外の医学校を卒業したことにして医師免許を不正に取得した可能性があるということです。NHKNEWSWEBより引用

山本直樹容疑者の出身大学や経歴について

山本直樹容疑者の出身大学と経歴について報道されている内容はこちらです。

・山本容疑者は東京都内の大学の医学部に通っていたが中退した。

・中退後、アジアの学校に留学したという。

・2010年に医師の国家試験を受験する。

このとき、海外の大学の医学部を卒業したと厚労省に申請した。しかし、京都府警がこの大学に確認したところ、卒業は確認できなかったといいます。

・2016年、新しい時代を先取るスタイルのED治療院「ICIクリニック」を都内に開業。

山本容疑者は泌尿器科が専門で、ED(勃起不全)治療専門のクリニックの院長です。

以下の学会員、認定医の資格あり。

・国際性機能学会会員 

・日本精神神経医学会会員 

・日本医師会認定産業医

大久保愉一容疑者の妻「きらっきらの40代へ」アスペ夫に苦しんだ日々を告白

大久保愉一容疑者の顔画像と病院特定!「高齢者はゾンビ」と吐き捨てる裏の顔

山本容疑者のクリニック「ICIクリニック」とは

山本直樹容疑者はこちらのクリニックの院長を勤めていました。

ICI療法(陰茎海綿体注射療法)・衝撃波治療のED治療専門院|ICIクリニック
ICI療法(陰茎海綿体注射療法)や衝撃波治療など複数の治療法を中心に、患者さま一人ひとりを大切にする完全予約制・出張専門のED治療専門院です。診療ご希望の方は、トップページに記載の予約専用電話番号または予約申し込みフォームよりご連絡ください。

診療所を構えているのではなく、完全に出張型のクリニックです。

・在籍は医師4名と薬剤師1名

・診療エリアは全国すべて依頼があれば出張診療をしています。

・主にED治療をメインとしています。

・他の病院で見放された患者にもICIクリニックはしっかりサポートすると謳っています。

ICIクリニックの売りとして、HPにこのようなことも記載されていました。

「ICI療法の薬液の調整ができることです。敏感な部分に使う薬液ですから、患者さんの体質や病状に合わせてかなり微妙な調整が必要なのですが、これができる医師は日本でも数少ないと思います。私の一番の強みです。」

 

山本直樹と大久保愉一の関係や出会いのきっかけは

山本直樹容疑者と大久保愉一容疑者の出会いはいつだったのでしょう。

山本容疑者の大学時代に、大学間の研究グループを通して知り合ったといいます。

大久保容疑者は弘前大学医学部、山本容疑者は東京都内の大学医学部ということです。

卒業後は同じ病院で勤務することもあったとの情報があり、大学時代から親交は続いていたとみられています。

また、2人で共著で以下の電子書籍の出版をしています。

 

・「扱いに困った高齢者を『枯らす』技術 ー誰も教えなかった、病院での枯らし方ー」

《認知症で家族を長年泣かせてきた老人、ギャンブルで借金を重ねて妻や子供を不幸に陥れた老人。そんな「今すぐ死んでほしい」といわれる老人を、証拠を残さず、共犯者もいらず、スコップや大掛かりな設備もなしに消せる方法がある。医療に紛れて人を死なせることだ。  病室に普通にあるものを使えば、急変とか病気の自然経過に見せかけて患者を死なせることができてしまう。違和感のない病死を演出できれば警察の出る幕はないし、臨場した検視官ですら犯罪かどうかを見抜けないこともある。荼毘に付されれば完全犯罪だ。》本文より引用

・「お看取りマンガ~延命治療どうしますか?と医者に聞かれる前に読む本」という電子書籍も出版

 

大久保容疑者は、自身の診療所にホスピスも併設してて、もしかしたらそこでも安楽死が行われていた可能性は考えられますね。

 

余罪はまだまだありそう。

山本直樹容疑者が安楽死させた林優里さんのTwitterとブログ

今回亡くなった林優里さんとは、どんな人なのでしょうか。

林さんはアメブロとツイッターを開設しており、自己紹介についてこのように記載してあります。

「1968年生まれ 2011年にALSを発症 発症後、仕事を辞めて東京から関西に帰郷した。 現在、独居で24時間のヘルパー支援による生活を送っている。
身体は動かない。食べること、話すこともできないが、視線入力のパソコンを使っている。人工呼吸器は装着していない
ツイッターはtangoleo。
海外で安楽死を受けることを望んでいる。」

ブログやTwitterでつらい闘病生活について語っています。

最近唾液が飲み込めず、1日中むせて咳き込んでる。
すごく辛い。早く楽になりたい。
なぜこんなにしんどい思いをしてまで生きていないといけないのか、私には分からない。
どうしても分からない。咳き込みと吸引とで1日が過ぎる。
助からないと分かっているなら、どうすることも出来ないなら、本人の意識がはっきりしていて意思を明確に示せるなら、安楽死を認めるべきだ。せめてこんな身体で苦労して海外まで行く
のだから安楽死を受けることぐらい許して欲しい。付添い人が自殺幇助罪に当たるなんて言うな! アメブロ2018-05-03 16:08:46投稿 「早く楽になりたい」より引用

 

胃ろうを作ったことも後悔していると語っています。

大久保愉一容疑者の妻「きらっきらの40代へ」アスペ夫に苦しんだ日々を告白

大久保愉一容疑者の顔画像と病院特定!「高齢者はゾンビ」と吐き捨てる裏の顔

林優里さんと大久保容疑者の出会いやDMでのやりとり

林さんと大久保容疑者は事件の11か月前からSNSでやり取りしていたことがわかりました。

2018年12月28日のTwitterで「私達、神経難病の患者も壊れていく体と心、来たるべき死の苦しみの恐怖と日々戦っています」と投稿し、大久保容疑者が他人の投稿にコメントをつける機能で、「当事者でない外野がかきまわすので、それを封じる手立てが必要」と反応した。これが最初の接触とされています。

 

それからDMを使い、やりとりが始まります。

林さん「作業は簡単だろうからカリスマ医者じゃなくてもいいです」

大久保容疑者「作業はシンプルです。訴追されないならお手伝いしたいのですが」と返信。

林さん「うれしくて泣けてきました」と返信。

 

・2019年8月25日

 林さん「餓死しかないか」「まだ暑いから熱中症で死ねるかな」

大久保容疑者「強制的に助けられてしまうという悪条件と理解しています。コナンや金田一どころではない計画が必要」

栄養を減らしたり、室温を上げたりする方法を提案した。

その後、林さんは主治医に胃ろうからの栄養注入の拒否を相談したのでしょう。しかし、その提案は自殺幇助にあたると拒否されてしまったようです。

 

 ・2019年11月9日

林さん「自筆できない人間はどうやって遺言書をつくったらいいのか」

大久保容疑者は「代筆だとあとでめることも」と返信。

これが最後のやりとりとされています。 

ニュースの木

コメント