事件

山本雄太鎌田ひとみさんヌンチャク殺人逮捕まで2年の理由は?精神障害で責任逃れも東京世田谷

事件

東京都世田谷アパート「砧アンビション」で、ヌンチャクで交際相手の鎌田ひとみさんを殺害した山本雄太の顔画像公開。FacebookやTwitter、インスタ特定へ。なぜ逮捕に2年も時間がかかってしまったのか、山本裕太はアルコール依存症で「心身喪失」による無罪をもくろんでいたかなど調べてみました。

山本雄太の顔画像とプロフィール

山本雄太容疑者の顔画像はこちらです。

名前:山本雄太(やまもとゆうた)

年齢:38歳(2020年8月の逮捕時)

職業:無職

住所:東京都世田谷区船橋

マスクと眼鏡を着けているためわかりにくい画像になりますが、公開されているのはこちらのみ。

新たな情報が入り次第追記していきます。

山本雄太「鎌田ひとみさんをヌンチャクで殺人」概要東京世田谷

逮捕までに2年もかかった理由は何でしょうか。

2年前、東京・世田谷区のアパートで頭から血を流した女性の遺体が見つかった事件で、現場から110番通報した男が殺人の疑いで逮捕された。 山本雄太容疑者(38)は2018年11月、世田谷区砧の自宅アパートで、知人の鎌田ひとみさん(当時37)の顔を鉄製のヌンチャクで殴り、殺害した疑いが持たれている。 事件当時、山本容疑者は110番通報していて、「鎌田さんが酒を飲んで、部屋の中を荒らされた」と話していたという。 調べに対し、山本容疑者は「殺してはいません」と容疑を否認している。 警視庁は、山本容疑者が、アルコール依存症で通院歴があることから、刑事責任能力について慎重に調べている。Yahoo!ニュースより引用

・鎌田ひとみさんの眉間には鼻に2センチほどの傷が1カ所あり、死因は出血を鼻と口から吸い込んだことによる窒息と判明。

・山本雄太の自宅からは、鉄製の重量のあるヌンチャクが見つかり、頭部を狙っていることから殺意があったと判断されました。

山本ゆうたのFacebook、Twitter、インスタ特定か

山本雄太の同姓同名のTwitterは20件以上、Facebookやインスタグラムも多数存在しました。

内容を見ても、本人のアカウントと特定には至りませんでした。

山本雄太と鎌田ひとみさんは2017年に知り合い交際に至りました。SNSでの出会いの可能性も高いため、本人のアカウントが特定される可能性もあります。

新たな情報が入り次第追記していきます。

山本裕太「なぜ逮捕に2年もかかったのか」警察の怠慢との声も

山本雄太の犯した今回の事件は2年前のもの。

なぜ逮捕にそこまでの時間を要したのでしょうか。

なんで今頃?警察の怠慢なのか?という声も聞こえてきそうですが、

おそらく、鎌田さんの死因は「窒息死」であり、死因との因果関係を成立させることと、故意なのか過失なのかの立証に時間かかったと思われます。

警察の怠慢どころか、粘り強い捜査に脱帽ですね。

山本雄太はアルコール依存症で「部屋を荒らした本人か」

また、山本容疑者は鎌田さんを殴った後、2時間ほど外出をし、帰宅したときに「酒を飲んだ鎌田さんに部屋の中を荒らされた」と自ら110番通報しています。

しかし、実際に部屋を荒らされていたという情報はなく、山本容疑者のつくり話である可能性が高いのです。

山本雄太容疑者はアルコール依存症であり、通院歴が確認されています。

実際に部屋が荒らされていたとしても、実は酒に酔った山本容疑者が豹変し、部屋で暴れ、もみ合いになった末、鎌田さんを殺害してしまったということも考えられます。

アルコール依存症の程度にもよりますが、症状がひどいと幻覚、幻聴、病的な妄想におる暴力行為などに及ぶこともあるのです。

殺害された鎌田さんは山本容疑者の恋人だったので、「浮気でもしているのではないか」と勝手な被害妄想により暴行を加えられたとも考えられます。

山本雄太は「心身喪失」による無罪を主張を計画か

逮捕までに2年かかり、事件発覚から逮捕に至るまで複雑な経緯があったことは想像できます。

山本容疑者はアルコール依存症で通院していることから、刑事責任能力について今後さらに調べが続いていきますが、実際このようなケースで無罪になったり、減刑となる場合があるのです。

刑法では、精神病や薬物中毒などによる精神の障害によって責任能力がまったくない人を「心神喪失者」、責任能力が著しく減退している人を「心神耗弱者」としています。心神喪失者の場合は処罰されず(刑法39条1項)、心神耗弱者の場合は有罪でも刑が軽くなる(減軽)とされています(同39条2項)。

飲酒の場合、

・単純酩酊(一般的な酩酊である)は完全責任能力があるとされます。

それに対して、

・異常酩酊は心神耗弱や心神喪失と認定される可能性が高くなるといいます

①複雑酩酊:激しく興奮して記憶が断片的になる

②病的酩酊:意識障害があり幻覚妄想などによって理解不能な言動が出てくる

 

山本容疑者は「アルコール依存症」という精神障害をもっており、これを利用しようとする可能性はあります。

しかも「殺してはいません」と容疑を否認していることから何とでも言ってしまえるのではないでしょうか。

しかしその一方で、自ら警察に嘘の110番通通報をしていることから、「隠蔽しよう」など冷静な一面も窺わせており、実は判断能力があったのではないかとも見れます。

山本ゆうたのアパート名は「砧アンビション」住所についても

 

山本雄太容疑者が鎌田ひとみさんを殺害をしたアパート名は「砧アンビション」という賃貸アパートです。

家賃は5万円程。

アパートの外観はこのようになっています。

現場の住所は、東京都世田谷区砧2丁目18

ニュースの木

コメント