事件

冨沢進が友美さん殺害動機「わいせつ目的だったか」認知症ではない事情福井県

事件

福井市内の住宅で冨澤進(とみざわすすむ)が女子高校生の孫の冨沢友美(とみざわともみ)さんを殺害した事件。犯行動機の供述が殺害に至るには不自然であり、まさかの「わいせつ目的」の可能性について調べてみました。逃げ回る友美さんを執拗に追い回したのは口封じか。アルコール依存症の可能性についても調べていきます。

冨沢進の顔と家族「実はストレスだった孫との同居」アルコール依存症と認知症疑いか福井市

熊谷和洋のFacebookと顔画像「恋愛感情のもつれか」詐欺の前科ありの犯罪者だった!熊本

竹内麻理亜の夫の会社と名前が爆サイで特定「お金持ちの社長夫人だった」香川高松

冨沢進が冨沢友美さん殺害動機は「わいせつ目的か」就寝時犯行の謎

福井市内の住宅で女子高校生の孫である冨沢友美さんを殺害したとして逮捕された冨沢進容疑者。

犯行を認めており、少しずつ友美さん殺害の動機について供述しています。

逮捕当初は、「カッとなってやった。」「ケンカしてたら動かなくなった。」と供述していましたが、

その後の調べで「酌をついでくれなかった」という趣旨の供述をしていることが分かりました。

これも殺害動機としてはおかしな理由で、真相を避けている印象があります。

 

もし実際、これが「わいせつ目的」であったらどうでしょうか。

冨沢進は逮捕当初、友美さんの就寝時を狙い刃物で刺したと報道されていますが、酒を飲んでいたので理性が利かない状態になっていた可能性があります。

孫と言えど、高校似年生の女の子ですから、小さい時のイメージとは違います。

一緒に暮らして、お世話されるうちに「孫を女として見てしまった」ということは考えられないでしょうか。

そして祖父として絶対してはいけないことをしようとしてしまった。

妻も長期入院し、自分の身体も弱る一方。行き場のない寂しさやストレスを間違った方向に向けてしまった。

だとしたら誰にも言えません。

冨澤進が友美さん殺害は口封じのためか「告げ口されたら困る」

冨沢進は家にあった包丁を使い、台所や寝室など複数の場所に血痕がついていることから、逃げ回る友美さんを追いかけて犯行に及んだとみられています。

なぜ執拗に友美さんを追い回してまで殺害しようとしたのでしょうか。

冨沢進は友美さん殺害の理由として、

「カッとなってやった。」

「孫にきつく当たられて腹が立った」

などと供述していますが、犯行動機としては無理があるようにみえます。

それはあくまで表面上の言い訳として、何か友美さんに告げ口されては困る出来事が起きてしまったのかもしれません。

もし、孫娘にわいせつ行為をしようとしたのを息子夫婦に告げ口されたら、、。近所の人にもバレてしまったら、、。

今まで作ってきた「温厚で優しいおじいちゃん」のイメージが崩壊してしまう。

そうなったら、もうここでは生きていけない。

何がなんでも口封じしなければ、殺すしか無いという最悪の選択をしてしまったというとも考えられます。

冨沢進の顔と家族「実はストレスだった孫との同居」アルコール依存症と認知症疑いか福井市

熊谷和洋のFacebookと顔画像「恋愛感情のもつれか」詐欺の前科ありの犯罪者だった!熊本

竹内麻理亜の夫の会社と名前が爆サイで特定「お金持ちの社長夫人だった」香川高松

富沢進はアルコール依存症か「自制がきかなくなっていた」

冨沢進は近所の住民からの評判は良く、

「穏やかで虫も殺さないような性格。事件が起きるような雰囲気の家族ではない。信じられない」と信じられないと話していました。

また、冨沢進と孫の冨沢友美さんの関係についても、

「2人の間にトラブルは聞いたことがない」といい、

「(冨沢容疑者は)孫に優しく、一緒に買い物に行くと何でも買ってあげていたし、お小遣いもあげていた。まさかこんなことになるなんて……」と仲の良いおじちゃんと孫にみえていたことがわかりました。

しかし、冨沢進はこのような残虐な事件をおこしてしまう人間ですから、近所の人にはわからない二面性があったと考えられます。

また、晩酌で日本酒を飲むなどの習慣を窺わせる報道もされています。

冨沢進も社会的役割、仕事、目標などがない「むなしさ」から酔いを求めやすいなどの、高齢者ならではのアルコール依存の状態であったのではないでしょうか。

飲酒をすることで精神バランスを保っており、気付いたら飲酒に依存した状態になり、自制も効かなくなってしまった。

そしてその矛先が一番身近にいる、孫の冨沢友美さんに向けられてしまったということだとしたら、悔やんでも悔やみきれません。

冨沢進が孫の冨沢友美さんを自宅で殺害事件概要福井市

冨沢進が孫の冨沢友美さんを殺害した事件概要はこちらです。

福井市内の住宅で女子高校生の孫を殺害したとして逮捕された86歳の祖父が、「酌をついでくれなかった」という趣旨の供述をしていることが分かった。(9月14日) この事件は、福井市黒丸城町の無職冨澤進容疑者86歳が9日夜に、同居する孫で高校2年生の友美さん16歳の上半身を刺して殺害したとして殺人の疑いで逮捕されたもの。 捜査関係者によると、台所から飲みかけの日本酒の紙パックが見つかっていて、冨澤容疑者が「孫が酌をついでくれなかった」という趣旨の供述をしていることが新たに分かった。 また、刃物は家にあった包丁を使い、台所や寝室など複数の場所に血痕がついていることから、逃げ回る友美さんを追いかけて犯行に及んだとみて、殺害に至った動機やいきさつなどを詳しく調べている。

ニュースの木

コメント