ドラマ 先生を消す方程式。

先生を消す方程式。第6話のネタバレ感想「ゾンビ義経でホラードラマに」

先生を消す方程式。第6話のネタバレ・感想・全何話・生徒役を含むキャストの相関図・無料で見れる見逃しについて紹介します。ゾンビになって復活した義経が初めに向かった先とは、一方で弓を殺害しようとした刀矢の心の変化など詳しく紹介します。

先生を消す方程式。第7話のネタバレ感想「義経がゾンビから熱血教師へ」

先生を消す方程式。第6話のあらすじ

先生を消す方程式。の第6話のあらすじはこちらです。

伊吹命(秋谷郁甫)の儀式によって奇跡が起きたのか…落雷とともに死んだはずの担任・義澤経男(田中圭)が土中から這い上がってきた――。義澤の脳裏には、3年D組の生徒・藤原刀矢(高橋文哉)、長井弓(久保田紗友)、大木薙(森田想)、剣力(高橋侃)らに対する怒りの感情だけがよみがえったらしく…復讐の炎を目に宿す不気味な姿は、命の知っている“義経先生”とはまったく違う“何か”に変わっていた。
同じころ、刀矢は、自首を決意した弓を消そうと、深夜の学校に呼び出し、弓の首にロープをかけた瞬間!! 目の前に死んだはずの義澤が…!? 闇の義経による、恐怖の復讐劇が幕を開ける…。

先生を消す方程式。の相関図

先生を消す方程式。の相関図はこちらです。

相関図には載っていませんが、前野静(松本まりか)は義澤経男の恋人で、現在意識不明の状態で入院しています。

先生を消す方程式。の登場人物とキャスト

先生を消す方程式。のキャストと役の紹介はこちらです。

田中圭 役:義澤経男

田中圭

1984年7月10日生まれ。2000年に映画「死者の学園祭」のオーディションがきっかけで芸能界デビュー。2003年のドラマ「ウォーターボーイズ」で山田孝之の親友役で出演し知名度が上昇する。2018年のドラマ「おっさんずラブ」で主演を務め、ブレイクする。

義澤経男の役の説明

名門私立高校「帝千学園」に新しく赴任した数学教師。笑顔を絶やさず、「日々笑っていれば、幸運はついてくる」がポリシーで、生徒たちからは「義経」と呼ばれることもある。3年D組は裕福な家庭の生徒が多いが、問題児も多く、赴任した教師はすぐ辞めてしまうことで有名。しかし、義澤経男はあえて、このクラスの担任を希望する。生徒たちからは反感を買い、ついには殺人計画まで立てられてしまうことに。

山田裕貴 役:頼田朝日(よりた・あさひ)

山田裕貴

1990年9月18年生まれ。2011年に「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役で俳優デビューする。2017年には「おんな城主直虎」で大河ドラマ初出演。役者魂が強く、カメレオン俳優とも言われる。父親は元プロ野球選手の山田 和利。

賴田朝日の役の説明

「賴田朝日の方程式。」の主演。義澤経男が担任する3年D組の副担任。さわやかな雰囲気で生徒からも慕われているが、裏では自分の手を汚さず、義澤を殺害しようとする、おそろしい一面を持っていた。

高橋文哉 役:藤原刀矢(ふじわら・とうや)

高橋文哉

2001年3月18日生まれ。2017年に男子講師ミスターコン2017でグランプリに選ばれ、芸能界デビューする。2019年「仮面ライダーゼロワン」にて飛電或人 / 仮面ライダーゼロワン役で主演を務め知名度が上昇する。

藤原刀矢の役の説明

父親が検察のトップであり、セレブの家庭で育つ。頭脳明瞭で、優等生キャラ。表面上は良い子を装っていたが、裏では他の生徒を従わせ、義澤を追い出そうと企んでいた。

久保田紗友(くぼたさゆ) 役:長井弓(ながい・ゆみ)

久保田紗友

2000年1月18日生まれ。小学生の頃より、地元の劇団で活動するが、2015年に状況し、芸能界デビュー。2020年「M愛すべき人がいて」では主人公アユをいじめる玉木理沙役を務める。

長井弓の役の説明

東大確実と言われるほど成績優秀で、母親が女医、自分もフォロワー20万人をもつインフルエンサー。藤原刀矢に恋心をもっており、刀矢に義澤を消すように指示され恋心を利用される。

森田想(もりたこころ) 役:大木薙(おおき・なぎ)

 

森田想

2000年2月11日生まれ。小学生の頃から子役として活躍、その後演技は女優へと成長する。

大木薙の役の説明

スクールカーストの上位者であり、同級生の女子生徒にマッチングアプリで“パパ活”をさせ、お金を稼がせていた。親は人気飲食チェーン店の社長だが、問題を起こし社会的地位を失う恐れを感じ、賴田朝日にそそのかされ、義澤を階段から突き落としたことがある。

高橋侃(たかはしなお) 剣力(つるぎ・りき)

高橋侃

1995年10月31日生まれ。元人気美容師という経歴をもつ。モデルとしても活躍しており、「先生を消す方程式。」で俳優デビューとなる。

剣力の役の説明

学校一の暴力問題児。親は大手ゼネコン社長で、親が学校に多額の寄付をしているため、暴れ放題。生徒や教師へのいじめを繰り返す。

秋谷郁甫(あきやいくほ) 役:伊吹命(いぶき・めい)

秋谷郁甫

2004年2月11日生まれ。中学3年生の時に「第31回ジュノン・スーパーボーイコンテスト」に出場するもベスト50に残ることはできなかった。「先生を消す方程式。」が初ドラマ出演となる。

伊吹命の役の説明

半年以上引きこもりの不登校生徒。オカルトを好み、黒魔術や都市伝説など調べている。

松本まりか 役:前野静(まえの・しずか)

松本まりか

1984年9月12日生まれ。2000年にドラマ「六番目の小夜子」で女優デビュー。その後、女優の他にモデルとして活動するもなかなか芽がでず。2018年のドラマ「ホリデイラブ」で井筒里奈役でブレイクを果たし知名度が上昇する。

前野静の役の説明

第1話では、人工呼吸器をつけて意識不明の状態で入院しているシーンからはじまる。義澤経男の恋人で結婚を意識した仲。元高校教師で頼田朝日は元教え子。

先生を消す方程式。は全何話で最終回はいつ

田中圭主演の先生を消す方程式。は全8話で、最終回は12月19日になります。フライングドラマとして、Abema TVで放映中の「頼田朝日の方程式。」も並行して放送しているので、全8話となることが予想されます。

「先生を消す方程式。」の続編については分かり次第追記していきます。

先生を消す方程式。第6話のネタバレ「ゾンビ義経でホラードラマに」

先生を消す方程式。第6話のネタバレはこちらです。

義澤経男が土の中からよみがえる

伊吹命は「先生は僕のせいで、、。」と義経先生を殺害したことを思い出す。後悔してもしきれないと、思い詰めていた時、以前義経先生にもらった”蘇りの書”という本の存在を思い出す。死んだ人間を蘇らせる蘇生術の本で、珍しいものであった。伊吹命はその本に書いてある通り、義経先生の殺害現場に行き、儀式を行う。呪文を唱え、復活を願うも、「やっぱり復活するわけないか。ごめんね。」と涙を流す。

その伊吹命の涙が、土に染み込み、大きな雷が鳴る。驚いた伊吹命がふと前をみると、義経先生が自分を見下ろしてた状態で立っていた。伊吹は思わず腰を抜かし、「死んだのに、本当に復活した!!」と声に出す。義経こと義澤経男は、頭痛が起きたかのように頭を抱え、今まで生徒たちにされたことがフラッシュバックする。

そして、伊吹に向かって言った。「あいつら、どこだ、、。」

長井弓を殺害しようとする藤原刀矢

長井弓は藤原刀矢に呼び出され、学校内の待ち合わせ場所の廊下に着く。まだ刀矢は来ていないようだ。「刀矢?」と声をかけるも返事はない。しかし、刀矢は影に潜んでいて、ロープを持って、弓の背後から近づく。あと少しで弓を仕留めるといったところで、大木薙が来て、「弓!逃げて!」と声をかける。弓は後ろを振り向くと、ロープをもった刀矢が自分に近づいてくるのを見て、驚き逃げる。

「絶対逃さないよー!」と刀矢も弓を追いかける。逃げ惑う弓だが、ついに刀矢に捕まってしまう。刀矢は、「もう一度きくけど、僕たちのやったこと、警察に言う気持ちに変わりない?」と弓に問う。弓は、「変わらない!」と答える。すると刀矢は、「じゃあ仕方ないね。」と持っていたロープを弓の首にかける。

弓は刀矢に、首にロープをかけられたその時、駆けつけた薙と力が驚いて座り込む。「義経、、、。」刀矢は後ろを振り向くと、そこには血で汚れたシャツを着ていた義澤経男が立っていた。義経は、「おまえら、俺を殺した。」刀矢は、「なんでいるんだよ!死んだはずだろ!?」そう叫ぶと、義経は、「俺を殺した、俺を殺した。」と呟き近づいてくる。剣力は、靴を義経に投げ、ダメージをくらっている間に4人の生徒(刀矢、弓、薙、力)は二手に分かれて逃げる。

義経はうずくまり、「傷が疼く、、。」と言ったあと、逃げた生徒達を追いかける。刀矢と一緒に逃げている弓は、エレベーターが来るのを待っている時に、刀矢に「何で私のこと殺そうとしたの?私が義経のこと警察に言うって言ったから?許さない!」刀矢は弓を殺害しようとしたが、義経が現れてしまい、完全に気持ちが恐怖へと変わっていた。そして、薙と力とエレベータ前で合流し、エレベーターに乗ろうとしたそのとき、義経がエレベーター内にいるのを発見し、再び4人は逃げる。

病院に入院している静に会いに来る頼田朝日

頼田朝日は、静の入院する病棟に行き、ベッドサイドで「また会いに来ちゃいました。毎日おやすみのキスしちゃうよ。」と話し、ベッドにあがり、眠っている静の上にまたがる。

そして学生時代の静先生との思い出がよみがえる。頼田朝日は、陰キャだった学生時代、教師だった静に「私が学生だったら、朝日くんに惚れちゃうかも。」と言われたことを思い出し、「惚れてくれたんだぁ。ありがとう、、わかるよ、わかっちゃうよ!楽になりたいんだよね?楽にしておげようか?」と、静に繋がれている人工呼吸器の接続部位を外そうとする。しかし急に、「え?また僕に会いたい?だったらまた来るねー。」と手を止め、ニヤニヤする。

義経の復讐劇「反省イラナイ」

その頃、調理場へ逃げた4人だが、義経もすぐに追いつく。そして、「俺を殺した。痛かった。」と呟き、生徒たちを探し回る。刀矢たちは、なんとか義経に見つからないように息をひそめ、義経が出ていったのを確認してからほっと息をつく。しかし、ほっとしたのもつかの間、薙が壁にもたれたときに、部屋の照明スイッチを押してしまい、部屋全体が明るくなってしまった。

そして弓が振り向くと、真後ろに義経が立っていて、ロープを持ち弓を押し倒す。義経は、「苦しい、首、苦しい。殺した責任!」と呟きながら、弓の首をしめていく。すると刀矢が義経の背後から頭を殴り、「今度こそ消えろ!」と叫ぶ。頭を殴られて、いっときうずくまり、その間に生徒たちは逃げるも、義経はすぐに起き上がり、追いかけはじめるのであった。

その後4人は物置にかくれ、刀矢は、「誰かが一人、外に出て助けを求めるんだ!できるよね?力?」刀矢に弱みを握られている力は何も言えない。すると弓が、「いいかげんにして!私たちはあなたの道具じゃない!」と刀矢に噛み付き、ビンタする。「あなたが妹を殺したの、認めたくなかったけど、本当だね!今ならわかる!」とまくしたてる。

反発してきた弓に刀矢は、「うるさーい!!」と叫び、弓は自分が行くと話し、物置の扉を開ける。すると、外に義経が立っており、猛スピードでこちらへ向かってくる。4人は急いで扉を閉めるが、ものすごい力で義経は開けようとしてくる。

扉をこじ開けた義経は、顔を出し、「親を殺す子供、無差別で殺す子供、人を殺して笑っている子供、そういう奴は変わらない。反省シナイ、反省イラナイ、反省は何も生まれない。人を不幸にした子どもたちは消えるべき。」そう話、「消えるべき、消えるべき」と繰り返す。そして4人の生徒に向かって、「怯えた顔きらいじゃないです。」と気味の悪い笑みを浮かべ、4人に迫ってくる。もうだめだ、と思ったそのとき義経の姿は消えていた。

生徒に責任転嫁する頼田朝日

後日4人は教室で頼田朝日を呼び出し、義経が生き返ったことを、朝日に報告する。朝日は最初笑っていたが、急に態度を変え、「そんなわけないだろー!!!」と逆上する。義経が生き返ったことを否定する頼田に薙は、「呪いだよ。義経の呪い。義経の頼朝への復讐。」

真剣に話す4人を前に頼田先生は、「おまえら東大に行く頭脳もってて馬鹿だべ??」と話し、「殺したんだよ!殺したんでしょ?」と伝える。刀矢は、「人生にはまさかのことが起こることがあると、ずっと義経が言っていた。頼田、「一度死んで生き返ることはない!生きてたんだよ1そして復讐しにきた。」

弓は、「私たちは殺していない。朝日先生が殺したのを、私たちは埋めただけです。」と話すと、頼田は、「ブブー!ここにきて責任逃れですか?君たちも殺している。」と言い出し、頼田が義経を刺したときはまだ脈があったと明かす。ということは、生きている義澤先生を君たちが生き埋めにしたんだろ?という展開になり、頼田は4人に責任を押し付ける。

さらに頼田は、「日が昇って消えたっていうことは、どっかに隠れているかも。潜んでいるかも。」と話し、教室の後ろで天井から血が落ちてくるのを発見する。そして、頼田は「みーつけた。」と呟くのだった。

先生を消す方程式。第6話の感想「義経は人間なのかゾンビか不明」

先生を消す方程式。第6話の感想です。学園ドラマだと思っていたら、後半は、義澤経男がゾンビ状態で復活し、なぜかホラードラマになってしまいました。本当にゾンビなのかな?実は生きてたってオチじゃないの!?と思ってしまいますが、夜が明けて明るくなる頃に姿を消すということは、やっぱりゾンビになっちゃったのかな、とも思い残念です。

刀矢も頼田朝日に似たサイコパスな人間であり、弓を殺害しようとするも、ゾンビの義経を目の当たりにし、一気に目が覚めたという感じですね。ホラー要素が強くなってるのに、ゾンビ義経も、「その顔嫌いじゃないです。」とか決め台詞言ったりして、人間っぽい一面もある様子。怖いけど笑える!といった感じです。

先生を消す方程式。第7話の予告・展開「ゾンビ状態で授業再会」

先生を消す方程式。第7話の予告・展開です。

 藤原刀矢(高橋文哉)長井弓(久保田紗友)大木薙(森田想)剣力(高橋侃)の4人は、よみがえった義澤経男(田中圭)に真夜中の校舎で追いかけられたことを、頼田朝日(山田裕貴)に報告。自分が“消した”はずの義澤が復活したとはにわかには信じられなかったものの、教室の天井から血がポトポトとしたたり落ちるのを目にした朝日は、義澤が潜んでいることを直感。“包丁を持った怪しい男が学園に侵入している”という架空の話をでっちあげ、機動隊に校内を緊急捜索させるよう仕向ける。
 朝日は「生徒たちのためにも、危険人物を見つけたら迷わず発砲して殺してください!」と、義澤を射殺するよう懸命に機動隊に訴える。ところが、校内のあらゆる場所を捜索しても、彼らは義澤を見つけることはできなかった――。
 苛立つ朝日は、3年D組の生徒・伊吹命(秋谷郁甫)から驚くべき真実を聞き、次なる作戦を実行するのだが…!?

先生を消す方程式。第7話では、義澤経男と頼田朝日がついに対面し、戦う場面がみれそうです、しかし、卑怯者の頼田は思いっきり逃げ腰であり、生徒に責任を押し付けること間違いなしです。義澤経男もゾンビ状態なのに、授業を再会するシーンもあり、本当にゾンビなのか人間なのか明らかになるのでしょうか。

先生を消す方程式。第7話のネタバレ感想「義経がゾンビから熱血教師へ」

コメント