35歳の少女ドラマ

35歳の少女第9話の見逃しネタバレと感想「多恵が最後に話した言葉とは」

2020年10月10日から放送開始の柴咲コウ主演の「35歳の少女」の第9話の見逃しネタバレ、あらすじ、感想を紹介!多恵の病名はくも膜下出血で亡くなってしまうというまさかの展開。最後の言葉とは?結人とはヨリを戻したのか。

35歳の少女第9話のあらすじ

35歳の少女第9話のあらすじはこちらです。

望美(柴咲コウ)は多恵(鈴木保奈美)が倒れたことに衝撃を受けつつも心を閉ざしたまま、危険な状態の母を愛美(橋本愛)と進次(田中哲司)に任せて病院を後にする。そんな中、愛美は入院道具を取りに寄った時岡家で、多恵が倒れる前に日記に書かれた思い「望美が改心したら家族みんなですき焼きを食べたい」を知り、望美のマンションに説得に行く。

しかし別人のように変わってしまった望美は聞く耳を持たず、結局言い争いになってしまう。時岡家を訪ねた結人(坂口健太郎)は、進次から多恵が倒れたことを聞く。多恵を望美の元に行かせたことに責任を感じながらも今の自分のままでは望美に何を言っても届かないと感じる結人……。学校では不登校になった生徒をどうすることもできず、さらに実家に行くと寝たきりの父親の容態が急変していた……

一方進次は、自分の今の家族のことを何とかしようと決意。止める加奈かな(富田靖子)を振り切り、達也(竜星涼)が引きこもる部屋に突入する!そしてたった一人、自分の幸せだけを考えて生きる決意をした望美は、なぜか再び10歳の自分が現れる夢を見ていた。多恵が倒れたことを機にそれぞれの歪んでしまった時計の針が動き始める、果たして、凍り付いた望美の心に届く言葉はあるのか……!?

35歳の少女ドラマの相関図

35歳の少女ドラマの相関図はこちらです。

35歳の少女は毎週土よう夜10時からの放送になります。

35歳の少女第9話のネタバレ「多恵の最後の言葉とは」

柴咲コウ主演の35歳の少女第9話のネタバレです。

多恵がくも膜下出血で倒れる

25年ぶりに家族4人で食卓を囲む。メニューはすき焼き。「パパと愛美はいるのにママがいない。」望美は2階に多恵を呼びに行くと、多恵がこちらを向いて微笑んで暗闇に消えてしまった。

目覚めると多恵の病室で、望美は多恵のベッドサイドで寝て、夢をみていたことに気づきます。その後、愛美と進次が駆けつけ、多恵の病名がくも膜下出血であることを告げると望美はあっさりとその場を去ってしまいます。

愛美は実家に行き、多恵の日記を見つけます。そして、「今度こそ4人ですき焼きを食べよう。」という文を見つけ、多恵に何かできることはないかと、望美の家に訪問する。しかし望美は必死になっている愛美を見下し、「家族愛がダダもれだね。」とバカにしたような返事をし、愛美は「わかった。もうお姉ちゃんには頼まない。」と去ってしまいます。

進次と達也が本気のバトルをする

結人は望美の実家に行くと進次が部屋のペンキ塗りをしており、多恵が倒れたことを知らされます。自分があんなこと言ったからと、結人は進次に謝るが、進次は「誰に言われなくても多恵ならそうしていた。」と答え、「望美はどうするんですか?」と質問します。結人は返事に詰まってしまいます。

その後進次は帰宅すると、久しぶりに加奈が夕食を作っている姿をみて声をかけますが、返事はなし。達也も部屋にこもっており、前の状態に戻っていると気づきます。たまりかねた進次キレてしまい、達也の部屋に突入します。突然部屋に入ってきた進次に達也もキレてしまい、殴ってしまいます。しかし、進次は今度こそきちんと家族を向き合わなければならないという気持ちが強く、殴られても達也と向き合います。

すると、達也の方から「自分のやりたいことがみつからない、自分の人生は小学校で終わった。」など本音を離し始めます。進次は達也の話すことを聴き、全て受け入れます。すると、達也も何かが吹っ切れたように、リビングに出て、加奈の用意したご飯を食べ始めました。長年のわだかまりが解けていく様に、家族3人で食事をとります。

家族も教師も上手く行かない結人

結人が担任するクラスで一人不登校の子供がいます。結人は家庭訪問し、母親から転校を考えているという話をきかされます。いじめで苦しんでいる児童をなかなか救えないことに不甲斐なさを感じ、帰宅しようとすると携帯電話がかかってきます。

それは実家の家政婦からで、父親が亡くなったことを知らせるものでした。結人はそのまま実家に行き、母親に「よかったじゃない。」と告げ家を出ます。「結局、親にも生徒にも何もできなかったよ。」とつぶやき、望美の置いていったカセットテープが目に入り、ヘッドホンに耳をあて聞き入ります。そして、望美も聞くべきであると、望美の家に行きますが不在。もしかしたら、と図書館に行くと望美がいました。

望美が多恵にできること

望美と再会した結人は、「お母さんを目覚めさせれるのはお前しかいない!今度はお前が奇跡を起こす番じゃねえのかよ!」と話し、望美にラジカセを渡します。結人が去ったあと、望美はテープをききました。そのテープの内容は、子供の頃に望美が録音したものではなく、25年ぶりに望美が目覚めたときの多恵の気持ちが綴られているものでした。

「25年間毎日涙を流していたけど、奇跡を信じていた。もうだめかもしれないと思ったときに奇跡が起きた。」など多恵がいかに望美を愛しているかが綴られた内容で、望美もこのままではダメだと、病院に向かいました。病室では愛美が多恵の看病をしていました。

望美は愛美に「自分が25年ぶりに目覚めたときと同じ状況を作る」と話し、そのときは非常ベルが鳴り、多恵が「トンボの唄」を歌っていたことを話します。愛美は病院の職員に非常ベルを鳴らしてくださいと頼みますが、断られてしまい、代わりにスマホで非常ベルの音をだします。そして、姉妹2人でトンボの歌を多恵にきかせることにしました。日が暮れても2人は歌い続け、多恵の目覚めを待ちます。

多恵が最後に話した言葉とは

すっかり日が暮れて、愛美も眠ってしまいました。望美はだめかもしれない、と思って泣いていると多恵が目を開けたことに気づきます。進次も駆けつけ、多恵に話しかけます。多恵は進次に「あなたはそのままでいてください。あなたが笑っているだけで娘たちは安心するから。2人のことをお願いします。」と、しぼりだすような声ですが穏やかに話しかけます。

そして愛美には、「ごめんね。愛美。私は良い母親ではなかった。望美が事故にあって、ロクにかまってあげれなかったのに、私なら大丈夫だよって勉強も家の手伝いも一生懸命やってくれて、つい甘えてしまった。あなたの寂しさを気づいてあげれなかった。どう接していいのかわからなくて、向き合うことから逃げてしまった。」と話し、愛美も涙を流します。

望美には「のぞみ、ごめんね。この前あんなひどいことをして。」と話すと、「ママはいつも正しい。ママのおかげでまたパパに甘えることができたし、まなちゃんともケンカができた。ママは自分を信じて良かったんだよ!」と伝えると、多恵は微笑み、涙を流し、「あーよかった。やっとあなたたちより先に死ねる。のぞみ、まなみ、愛してる。」と伝えます。望美たちも「愛してる。」と伝え、多恵は息絶えるまで「愛している。」と伝え続けました。

多恵はそのまま亡くなってしまいました。葬式が終わり、後日3人ですき焼きを囲むと、望美は何かを思い出したかのように多恵を求めて2階に行きます。そこで、もう多恵がいないことを実感じ、涙がとまらず愛美と一緒に「ママに会いたい。」と恋しがるのでした。

35歳の少女第9話の感想「望美がまた別人になる」

先週まで教祖系YouTuberだった望美が、今回また突然もとに戻り、キャラが変わりましたね。先週だけが変な感じでしたが、今週はまともな人間になっていて安心しました。もしかして、遊川脚本家にありがちな嫌な展開になるのかなと思いましたが、いまのところ大丈夫そうですね。

愛美や進次も素直になり、家族と向き合えるようになってきており、達也や加奈にも明るい兆しがみえてきたのではないでしょうか。それにしても、多恵が亡くなるという展開になるとは予想外でしたね。しかもあっさり亡くなってしまい、生きている状態での家族の再生や感情の向き合いが見れたら良かったのになと思いました。

でも、大切な人は失ってから気づきますね。ドラマだからかもしれませんが、元カレの結人より多恵の存在感がいかに大きかったか思い知らされます。結人とのヨリは戻っていませんでしたね。来週は最終回です。多恵も亡くなってしまい、望美も改心したようなので、これ以上変な展開にはならないと思いますが、まだまだわからないですね。

35歳の少女第10話の展開・予告「結人とは結婚するのか」

12月12日が最終回の35歳の少女第10話の予告はこちらです。

望美柴咲コウ)は多恵(鈴木保奈美)をゆうと(坂口健太郎)との再会を望むが、中途半端な自分のまま連絡する勇気が持てずにいた。たつや(竜星涼)はそれぞれある決意を胸に抱いているがまだ言い出せずにいた。デザイナーとして就職先を見つけられない愛美は相沢(細田善彦)と遭遇。藤子(大友花恋)と破局したことを知った愛美は、新しい会社で一緒に営業をしないかという誘いに心揺れる……。

そんな中家に帰ると、母を死なせてしまった罪悪感と虚無感から放心している望美を見て、愛美は姉を元気付けようと結人に電話するが、二人は頑なに会うことを拒む。教え子がいじめを苦に転校を決めたことに悩む結人は自分にできることはないのかと無力感を感じていた。生徒の家に行き、助けになろうと必死に説得する結人であったが、生徒は部屋から出てくることはなかった……。翌日、結人は退職願を手に最後の授業に臨む……!

それぞれが自分の生き方を模索する中、望美の元にある結婚式の招待が舞い込み、そこで結人との再会を果たすことになる・・・壮絶な人間ドラマの最後の幕が上がる。

今までのお話はこちら。

35歳の少女第1話の見逃しネタバレと感想「本当の10歳に見える柴咲コウが怖い」

35歳の少女第2話の見逃しネタバレと感想「事故は誰のせい?豆腐の呪縛が重すぎ」

35歳の少女第3話の見逃しネタバレと感想「望美の意外な行動が母娘の絆を深める」

35歳の少女第4話の見逃しネタバレと感想「結人の過去の闇が明かされる」

35歳の少女第5話の見逃しネタバレと感想「結人を振り向かせるのに足りなかったこと」

35歳の少女第6話の見逃しネタバレと感想「家族をバラバラにした犯人と結人の言葉とは」

35歳の少女第7話の見逃しネタバレと感想「止まらない不幸の連続!結人もわけあり家族だった」

35歳の少女第8話の見逃しネタバレと感想「教祖化する望美に話が飛躍しすぎ」

コメント