ドラマ

35歳の少女第3話の見逃しネタバレと感想「望美の意外な行動が母娘の絆を深める」

ドラマ

2020年10月10日から放送開始の柴咲コウ主演の「35歳の少女」の第3話の見逃しネタバレ、あらすじ、感想を紹介!望美を結人と会わせないように多恵の監視がエスカレート。母娘関係もギクシャクする中、望美は意外な行動をとります。

35歳の少女第3話のあらすじ

第2話では望美の家族全員が、事故を起こしたのは自分のせいなのではないかと罪の意識にかられていた一面が明らかになり、望美の持ち前の明るさで前向きな方向に進んだところで終了しました。しかし、まだ望美は成長していかなければならないし、妹や父親、母親もそれぞれの人に言えない悩みを抱えており、問題は山積みの状態。

次回第3話の予告と展開を見ていきましょう。望美は成長するために行動に移し始めます。幼馴染の結人に勉強を教えて欲しいと多恵にお願いするも、多恵は結人のことをよく思っていません。それどころか、結人を遠ざけるような素振りもみせます。

父・進次も再婚相手との家庭環境が上手くいかず、妹・愛美も仕事や元カレにとイライラは募っている様子。多恵は望美のことを心配するがあまり、監視したり家に閉じ込めたりと2人の関係もギスギスしたものに。何でママはこんなにイライラしているのだろう。多恵と仲直りするためにとった望美の意外な行動とは。

35歳の少女ドラマの相関図

35歳の少女ドラマの相関図はこちらです。

35歳の少女は毎週土よう夜10時からの放送になります。

35歳の少女第3話のネタバレ「多恵と仲直りするための意外な行動」

柴咲コウ主演の35歳の少女第3話のネタバレです。

成長しようと行動をはじめる望美

望美(柴咲コウ)は結人(坂口健太郎)に言われた「成長する。」を実行しようと行動を起こし始めます。結人が望美と関わるのを快く思ってない母・多恵(鈴木保奈美)は望美を学習塾に入れるなどして結人と関わらないようにしていきます。しかし、学習塾に入ってもクラス内で浮いてしまい、なかなかなじめません。

父・進次は望美と会いにランチに誘ったりしますが、多恵に見つかってしまい「仕事や家庭がうまくいかないモヤモヤをはらすのやめてくれますか?」と進次に伝えます。進次はその言葉に対して、「このままだと愛美みたいに、望美もお前のところからいなくなるぞ。お前のまわりには誰もいなくなるんだ!」と吐き捨て険悪な雰囲気になってしまいました。

妹・愛美の荒んだ生活「代行業の結人に愚痴ききを依頼」

望美の妹の愛美の私生活も荒んでいます。代行業の結人に愚痴をきいてもらう仕事の依頼をし、元カレのことや仕事に対する愚痴はぶつけます。泥酔した愛美は、元カレ相沢の自宅前まで来て窓に向かって暴言を吐きます。泥酔しているので、そのまま足がもつれ転倒してしまい、結人が愛美を実家まで運ぶことに。

愛美が目を覚ますと、目の前には自分の手当をしている母・多恵の顔が。多恵と仲が悪い愛美は何で私がここにいるのよという態度。そこへ望美が現れ、多恵に向かって結人に会いたいと告げます。もちろん多恵は結人のことをよく思っていないのでダメだと伝えます。そのやりとりを見ていた愛美は「ママって、お姉ちゃんが目覚めても全然楽しそうじゃないよね。結人君に会わせないのも子離れができないだけじゃん。」と吐き捨てます。

結人の代行業「リア充パーティ」いついていく望美

多恵の目を盗んで結人と会い、勉強を教えてもらう望美。毎日教えて欲しいと結人に頼みますが「忙しい。」と断られてしまいます。これからも代行の仕事が入っており、望美も興味を持ちついていくことに。今回の代行業は「リア充パーティへの参加」。望美も酒を飲みそこそこ楽しんでいましたが、代行で囲まれたパーティの偽りの友情関係に違和感を持ちます。

すっかり泥酔してしまった望美は結人に抱えられ帰宅することに。そこで待ち構えていたのは明らかに機嫌の悪い多恵。何もわからない望美を連れ回してどういうつもりだと結人に詰め寄ります。そんな多恵に対して、結人は「何でも(子供のことを)わかってるっていいながら子供の気持ちを知ろうとしない。」と多恵に訴えます。

多恵の望美への監視がエスカレート!そのとき望美がとった行動は?

翌日から多恵は望美が外出できないように、部屋に監視カメラを設置し、外鍵しか施錠できないようにします。なぜママはこんなにイライラしているのだろう。望美はどうしたら多恵と仲直りできるか考えます。そこで思い出したのは子供の頃、ママにに怒られた時に手紙を書いて謝ったということ。

そんなことを思いながら、玄関から外に出れないので窓から脱出することに。35歳の体は窓から脱出するにも大変。「もう嫌だこんなおばさんの体。」と独り言をいっていると、多恵が外で待ち構えていました。勝手に外に出たことに怒る多恵。たまりかねた望美は「ママ、何か変だよ。こんなの私が好きだったママじゃない!」と言って逃げ出します。

向かった先は図書館。そこで結人と会い、出来事を話します。2人はカフェへ行きお茶をしているときに望美はあることを思い出しました。多恵と仲直りするために一番大事なことがあった。自宅へ戻ると、多恵は台所で夕飯の準備をしています。そこに望美が現れ、夢だったアナウンサー風にマイクを手に取り多恵へ気持ちを手紙に書いたものを読み上げます。そして、「大切なことをしていないことに気づいた。それはママを抱きしめてありがとうっていうことです。ママにギュッとしてもらってよかったねっていうこと。」そう伝え多恵の反応を待ちます。

多恵は料理の手を止め望美の方を向き、週2回結人と勉強することを許可しました。その瞬間望美は満面の笑みを浮かべ多恵に抱きつきにいきます。無邪気に抱きつく望美に多恵も大事なことに気づいたようです。母と娘のわだかまりがまた一つ解決したところで今回の話は終了。

35歳の少女第3話の感想「精神年齢がやっと10歳に!?」

第2話まで10歳より幼い印象の望美でしたが、第3話になり急に成長した感があります。やっと年相応になったのかな、今までは10歳どころか幼稚園児か低学年の子にしか見えなかったので。ドラマなので望美の精神的な成長も強調しているのかもしれません。最終的には大人の精神年齢をもった女性になるのでしょうか。

鈴木保奈美演じる多恵も表情が無い分、狂気があるようにみえますが、25年間も子供が植物状態で家庭も崩壊すればそうなってしまうのも共感できます。それにしても坂口健太郎演じる結人は何でいつも図書館にいるんだろう。暇なのか、、?35歳の働き盛りが平日昼間に図書館に馴染んでいるところにつっこみたいところですが。

母親と娘のわだかまりが少しづつ溶けていき、親子の絆も深まってきたというところでしょうか。

35歳の少女第4話の展開・予告「反抗期を迎え母娘再び関係悪化か」

35歳の少女第3話では多恵と望美のわだかまりも解消し、少しずつ母と娘の関係を取り戻すことができる状態になったところで終了しました。しかし、父親や妹の闇についてはまだこれからという感じです。次回、第4話の予告と展開をみていきましょう。

第4話では望美の反抗期が始まるところからスタートします。せっかく母親との関係も修復できてきたところだけど、最近母親の干渉が鬱陶しく感じてしまう。結人に対しても、少しずつ男性を意識するようになります。勉強のペースも順調で、中学レベルに進むことに。

そんなとき、自分が中学生だったらどんな感じだったのだろうと、自分が通うはずだった中学校を見にいきます。そこで通りすがりに仲良くなった女子中学生と出会いは新たな友情となるのか、それとも利用されるだけなのか。

父・進次のリストラ勧告や、妹。愛美の会社でのトラブルなども問題も未解決の状態。反抗期を迎えた望美は一体どうなってしまうのでしょうか。

35歳の少女第4話の見逃しネタバレと感想「結人の過去の闇が明かされる」

今までのお話はこちらです。

35歳の少女第1話の見逃しネタバレと感想「本当の10歳に見える柴咲コウが怖い」

35歳の少女第2話の見逃しネタバレと感想「事故は誰のせい?豆腐の呪縛が重すぎ」

35歳の少女第5話の見逃しネタバレと感想「結人を振り向かせるのに足りなかったこと」

ニュースの木

コメント