ドラマ

35歳の少女第2話の見逃しネタバレと感想「事故は誰のせい?豆腐の呪縛が重すぎ」

ドラマ

2020年10月10日から放送開始の柴咲コウ主演の35歳の少女ドラマの第2話の見逃し、ネタバレ、あらすじ、感想を紹介!望美が事故を起こしたのは一体誰のせいだったのか?家族全員が抱えていた罪の意識が明らかに。

35歳の少女第2話のあらすじ

望美の知らない空白の25年の間に家族はバラバラになり、初恋の男の子もやさぐれてしまい、現実をつきつけられたところで第1話は終了。第2話はどんな展開になるのでしょうか。望美は結人はに励まされながらも、空白の25年間を受け止めようと努力します。見た目は35歳ですが、精神年齢は10歳のまま。母親の多恵は望美に早く現実に慣れるように厳しい口調で急かします。

望美の他にも、妹・愛美や父・進次にもそれぞれ人知れず悩みがあり、ストレスを抱えていました。ギスギスした家族に望美は自分のせいで家族は崩壊したと心を痛めます。そこで望美がとった行動とは一体何だったのでしょうか。

35歳の少女ドラマの相関図

35歳の少女ドラマの相関図はこちらです。

35歳の少女は毎週土よう夜10時からの放送になります。

35歳の少女第1話のネタバレ「事故を起こしたのは誰のせい?」

柴咲コウ主演の35歳の少女第2話のネタバレです。

25年前のあの日「望美が事故したのは誰のせい?」

望美が事故を起こした25年前。この日の夕食のメニューはすき焼きでした。しかし、母親はすき焼きに入れる豆腐を買い忘れたことに気づきます。「あー!お豆腐買い忘れた。」「すき焼きなのに?」と多恵(鈴木保奈美)と望美が会話しているところに、妹の愛美が「お豆腐食べたい!」と駄々をこねます。望美は快く豆腐を買いに行くと話し、自転車に乗り出かけるところに父親の帰宅します。仕事の電話に気を取られている父親は、望美を見送ったあと、自転車のブレーキが故障していることを思い出します。

大人になることを自覚させられる望美

望美が25年間の眠りから目覚めた喜びもつかの間。母・多恵は「25年間眠っている間に大人の体になってるの。だからはやく大人になりなさい。」と望美に厳しく伝えます。しかし、望美の心は10歳のままであり、多恵の思いについていけません。

多恵とショッピングに行く望美。「これかわいい。」と望美が選んだ服は子供っぽいと否定され、レストランでお子様ランチを食べたいと訴えますがこれも否定されます。あげく、室内遊園地で遊びたいとねだる望美にとうとう多恵は「何度言わせるの!?あなたはもう子供じゃないの!」と強い口調で叱りつけます。

優しかった母親は、表情は固く厳しい人間になってしまった。わたしの家族はなぜこんなにバラバラになってしまったのか、と望美は父親と妹からも真相を探る行動に出始めます。

泣き崩れる父・進次「全部自分が悪い」と開き直る妹・愛美

望美は真相を確かめるべく、父・進次と会います。進次は昔の家族写真を持ってきて望美に見せます。望美はなぜ父と母は離婚したのかを問います。すると進次は「望美が事故にあってからしばらく頑張ったのだけれど、、。」と語り始め「回復の希望が無く、心が折れてしまったんだ。」と泣き崩れます。そして「全部自分が悪い。自転車のブレーキを直さなかったのも自分だ。」と自分自身を責めはじめます。

自宅に帰った望美は妹・愛美にも電話します。すると愛美の返事は「お姉ちゃんが眠ってる間にいろいろ変わったの!豆腐買いに行かなかった私が悪いんでしょ。!」と一方的に話し電話を切られます。多恵にも「望美が事故にあったのはママが豆腐を買うのを忘れたせいよ。」と表情のない顔で言われてしまいます。

25年ぶりに友達と再開するも「浦島太郎状態」と馬鹿にされる

望美は古いラジカセで、昔友達と録音した音声を聴き、結人にお願いして10歳の頃の同級生と会うことに。カフェでユキとサオリに再開するが、変わり果てた友人の姿に唖然とします。しかし再開を喜び、無邪気に接する望美ですが、ユキとサオリは引いている様子。そのことに気付かず10歳のままで会話を続けるのでした。

結人との帰り道、「楽しかった。」と話す望美に結人は現実を突きつけます。友人は望美と再開したことをInstagramに投稿してたのですが、そこには「リアル浦島太郎状態。私だったら生きていけない。」など心無いコメントが投稿されていたのです。その画面を結人から見せたられた望美はショックを隠しきれません。

自宅に着いた望美は無言のまま自転車に乗り始めます。事故の記憶がよみがえる。結人は「何やってんだよ!止まれって!」と必死に追いかけますが、追いつかず。望美の自転車は加速していきます。このままガードレールにぶつかる、、というところで望美はブレーキをかけていました。

そして「目が覚めなきゃよかった。」と今の状況に泣き崩れます。結人はそんな望美に「そのままでいろよ。無理に大人になる必要なんてない。好きにやればいい。大人になるのはそれからでいい。」と慰めます。何かを吹っ切れたのか、その後望美は結人とショッピングに出かけ、欲しい服を勝手もらい、お子様ランチを食べ、遊園地で遊びます。

遊び終わったあと、公園で結人と手をつなぎながら歩く望美は「やっぱり今のままじゃダメかな。」と本音を話します。結人は「成長しろ。」と優しく伝え、望美も自信を取り戻しはじめます。

再び家族が集結「悪いのは豆腐ではない」

望美は再び家族に呼びかけ、4人集合します。そこで望美は買ってきた豆腐を家族に見せ、「豆腐は悪くないから。」と話し始めます。あの日、事故当日は坂道でスピードを出したくて通る必要のないところを通った。わざと寄り道した。愛美がおつかいに行かなかったせいでもなく、父が自転車のブレーキを直さなかったせいでもなく、母親が豆腐を買い忘れたせいでもない、悪いのは自分なの。と伝えます。そして事故にあってごめんなさいと謝ります。感極まった父・進次は望美の買ってきた豆腐を食べ始めます。母親も妹も食べ始め、それぞれが抱えていた罪悪感が少しずつほどけていくのを感じるのでした。

35歳の少女第2話の感想「豆腐への呪縛が重すぎるのでは」

35歳の少女第2話の感想です。今回の話は「豆腐」がキーワードになっていました。正直25年間も豆腐に縛られていたのかと思うと、呪縛が重すぎるのではという印象。最後に明かされますが、望美が事故を起こした日以来、家族全員豆腐が食べれなくなっています(もしかしたら父・進次は再婚しているので、食卓にでていたかも)。

また、望美は精神年齢が10際ですが実際もっと幼くみえるという声も多くきかれました。10歳の女の子は大人が想像するよりも大人に近づいてきています。お子様ランチで喜んだり、室内遊園地ではしゃいだり、公園で手をつないで歩くというのはもっと幼い子どもがするのでは。

でも今回の話で、今村家の家族崩壊の真相がみえてきたのと、少しずつ現実を受け入れようとする望美の姿もわかりました。しかし、無表情の母親や、投げやりで闇の深そうな妹については今後も何かありそうです。

35歳の少女第3話の予告・展開「ママと仲直りするためにとった意外な行動」

第2話では望美の家族全員が、事故を起こしたのは自分のせいなのではないかと罪の意識にかられていた一面が明らかになり、望美の持ち前の明るさで前向きな方向に進んだところで終了しました。しかし、まだ望美は成長していかなければならないし、妹や父親、母親もそれぞれの人に言えない悩みを抱えており、問題は山積みの状態。

次回第3話の予告と展開を見ていきましょう。望美は成長するために行動に移し始めます。幼馴染の結人に勉強を教えて欲しいと多恵にお願いするも、多恵は結人のことをよく思っていません。それどころか、結人を遠ざけるような素振りもみせます。

父・進次も再婚相手との家庭環境が上手くいかず、妹・愛美も仕事や元カレにとイライラは募っている様子。多恵は望美のことを心配するがあまり、監視したり家に閉じ込めたりと2人の関係もギスギスしたものに。何でママはこんなにイライラしているのだろう。多恵と仲直りするためにとった望美の意外な行動とは。

35歳の少女第3話の見逃しネタバレと感想「望美の意外な行動が母娘の絆を深める」

今までのお話はこちらです。

35歳の少女第1話の見逃しネタバレと感想「本当の10歳に見える柴咲コウが怖い」

35歳の少女第4話の見逃しネタバレと感想「結人の過去の闇が明かされる」

35歳の少女第5話の見逃しネタバレと感想「結人を振り向かせるのに足りなかったこと」

ニュースの木

コメント