ドラマ

35歳の少女第1話の見逃しネタバレと感想「本当の10歳に見える柴咲コウが怖い」

ドラマ

2020年10月10日から放送開始の柴咲コウ主演の35歳の少女ドラマの第1話の見逃し、ネタバレ、あらすじ、感想を紹介!10歳の望美を演じる柴咲コウに「本当に10歳に見間違えた」と演技力が逆に怖いと話題に。

35歳の少女第1話のあらすじ

柴咲コウ主演の35歳の少女第1話のあらすじはこちらです。

1995年、おつかいに出かけた自転車の事故で意識を失い、寝たきりになってしまった10歳の望美。2020年、25年間の時を経て、目覚めることに。しかし、25年間の間に自分の知ってた家族は変わり果て不仲に、初恋の男の子も夢を失った大人になっていた。気持ちは10歳なのに、外見は35歳の望美はどう生きていけばいいのか。初恋の男の子との行方はどうなるのでしょうか。

35歳の少女の相関図

35歳の少女の相関図はこちらになります。

35歳の少女は毎週土よう夜10時からの放送になります。

35歳の少女第1話のネタバレ「起きたら35歳になってた」

柴咲コウ主演の35歳の少女第1話のネタバレです。

25年前「望美10歳の運命の日」

新築の一軒家に住む今村家は笑顔に溢れる幸せな家庭。今日の夕食はすきやきです。しかし、母親の多恵(鈴木保奈美)は豆腐を買い忘れてしまうことに気づき、望美(柴咲コウ)が代わりにおつかい行くことになりました。元気に自転車に乗って向かう望美に多恵は「気をつけてね。寄り道しないのよ。」と声をかけ望美が買い物に行くのを見送ります。

機嫌よく自転車を運転している望美ですが、坂道を下っているときにブレーキが利かなくなっていることに気づきます。混乱する望美ですが、スピードは加速しそのままガードレールにぶつかり意識を失うことに。

25年後「35歳になった望美は病室で目を醒ます」

事故以来、ずっと意識が戻らない望美を病室で看病する母・多恵。眠る望美の横で「25年間目覚めると信じ切っていたけど、あなた今日で35だし、これ以上頑張れる気がしない。」と悲観し、ベッドサイドで泣き崩れます。そしてふと望美の方を見ると、25年ぶりに目を開けている望美の姿が。「うそ、、。」驚く多恵の姿に望美は、(誰?このおばあちゃん)と声に出さずに多恵を見つめる望美。

それから多恵は「25年前事故にあってそれからずっと眠ってたの。だからあなたはもう10歳じゃない。35歳なの。」と望美に告げ、鏡を手渡します。望美は鏡にうつる自分の姿を見て愕然とします。そこへ、父・進次(田中哲司)と妹・愛美(橋本愛)が現れます。

25年間で変わってしまった家族

望美が覚えているのは、優しい両親と生意気だけどかわいい妹。しかし、25年後にみた自分の家族は全く違うものでした。両親は望美の事故から5年後に離婚し、父・進次は再婚し新しい家庭を持っていました。頼もしかった父は疲れた中年おじさんに。また愛美は母・多恵と仲が悪く、家を出てひとり暮らし。表情にも影があり、姉・望美の回復を素直に喜んでいない様子です。母・多恵も疲れ切った表情をしており、笑顔は無く固い印象に。

25年ぶりの家族団らんのはずが、、

完全に心が離れ離れになってしまった望美の家族ですが、望美の退院日を祝うために一家は集結します。薄暗いリビングで家族4人ですき焼きを囲みます。そこへ1人の訪問者が現れます。望美の同級生の廣瀬結人(坂口健太郎)です。結人は花束を持って、望美の退院を祝いにやってきました。結人を呼んだのは多恵です。望美が結人から借りたままの本を持っていることに気づき、本を返す目的で招待します。

結人も混じえ、5人になった夕食。結人は望美に「小学校の教師をしている。4年生を担当していて、いじめなんか全然なくて、、。」と言いかけたところで豹変します。突然態度を変えた結人でを不思議そうに見つめる望美ですが、ここから偽りの家族の姿を見せつけられることに。

家族がバラバラになったと思い知る望美

結人は「(教師をしている)っていうのはウソで、もう教師なんてやってない。代行業をしてフラフラして稼いでいる。」と暴露。呆然とする望美に向かって「俺はお前が思ってた結人君じゃないんだよ!お前が夢見てた未来じゃない。」とまくし立て、とどめに「お前もずっと寝たままの方が良かったんじゃないの!?」と吐き捨てます。

もともと35歳になった結人を自分の知っている「結人君」と認識していない望美。こわいおじさんが自分に向かって怒ってきたと、ワンワンと泣きはじめます。見た目は35歳だけれど、泣く姿は10歳の女の子そのもの。そしてさらに愛美が容赦なく追い打ちをかけるように、家族がバラバラになったことを暴露。もうそこには自分に知っている家族や結人の姿はなく、望美は悲しみに暮れます。

結人が望美にまさかの告白「初恋だった」

自分が知らない内に35歳になってしまった。この現実をなかなか受け入れられず、望美は自分が通っていた小学校を見に行きます。そこへ結人が現れ、2人は図書館へ行きます。図書館へ入ると望美は「やだ、この顔も声も。目なんか覚めなければ良かった」と泣き始めます。

そんな望美に結人は「教師になったきっかけは望美の一言だった。」と明かします。望美が元気だった頃、2人は一緒に勉強する仲であり、結人は教えるのが上手と望美に褒められていたのです。そして結人は、望美は自分の初恋だったと告白。だまってじっと見つめる望美に結人は「なんか言えよ。」と一言。望美の目にうつるのは10歳の頃の結人でした。そのことに気づいた望美は「結人君だ、結人君だ!」と思い出したかのように感激するのでした。

35歳の少女第1話の感想「柴咲コウは39歳だけど本当に10歳にみえた」

柴咲コウさんは現在39歳であり、見た目は35歳、中身は10歳の女の子を演じています。驚いたのは本当に柴咲さんが10歳の女の子と錯覚するような演技だったという点ですね。怪演というか、逆にちょっと怖さも感じますが、かなりリアリティがあります。これみよがしに落ちぶれていく家族の姿はツッコミどころが満載ですが、わかりやすくまとめられているのではないでしょうか。坂口健太郎さん演じる結人も25年間も音信不通だったのに、本性丸出しで突然告白とか、ちょっと現実の世界ではありえないかなと思いますが、そこはドラマならではの醍醐味ですね。

35歳の少女第2話の予告・展開「崩壊した家族に望美のとった行動」

望美の知らない空白の25年の間に家族はバラバラになり、初恋の男の子もやさぐれてしまい、現実をつきつけられたところで第1話は終了。次回はどんな展開になるのか予告をみていきましょう。望美は結人はに励まされながらも、空白の25年間を受け止めようと努力します。見た目は35歳ですが、精神年齢は10歳のまま。母親の多恵は望美に早く現実に慣れるように厳しい口調で急かします。

望美の他にも、妹・愛美や父・進次にもそれぞれ人知れず悩みがあり、ストレスを抱えていました。ギスギスした家族に望美は自分のせいで家族は崩壊したと心を痛めます。そこで望美がとった行動とは一体何だったのでしょうか。

 35歳の少女第2話の見逃しネタバレと感想「事故は誰のせい?豆腐の呪縛が重すぎ」

35歳の少女第3話の見逃しネタバレと感想「望美の意外な行動が母娘の絆を深める」

35歳の少女第4話の見逃しネタバレと感想「結人の過去の闇が明かされる」

35歳の少女第5話の見逃しネタバレと感想「結人を振り向かせるのに足りなかったこと」

ニュースの木

コメント