事件 梯沙希容疑者のあちゃん放置死事件

梯沙希(かけはし)沙希容疑者元夫のDVはデマ!家族もインスタも加工しすぎの虚言癖だった東京大田区

事件

かけはし沙希の離婚理由は元夫のDVと報道されていますが、デマの可能性あり!梯沙希がこれまで知人や友人にも嘘をつき、逮捕に至るまでについた数多くの嘘を紹介。掛橋さきの生い立ち、両親からも育児放棄されていた過去を調べていきます。

梯沙希の交際相手は元同僚と判明で「セフレ関係」だったか?素っぴんデブスと話題!東京大田区
東京大田区在住の梯容疑者はのあちゃんの死を隠蔽するも失敗し狂言自殺していたことが判明。かけはし沙希の顔と体型がインスタと実物で別人と話題に!梯容疑者の加工しまくり写真・画像あり。また鹿児島まで会いに行った交際相手は元同僚と判明で名前や顔写真は?セフレ関係の彼氏だったのか?Facebookは?など気になることを調べました。
梯沙希(かけはしさき)は殺人目的だったか?男と鹿児島旅行で稀華ちゃん放置死!東京大田区
東京お梯沙希容疑者が3才長女の稀華ちゃんを8日間も放置し脱水で衰弱死させる事件。かけはしさき容疑者のインスタグラムが特定し顔写真公開!仕事はキャバクラ嬢と噂にあるが居酒屋勤務と判明し、のあちゃんを溺愛しながらもなぜ虐待に至ったのか、鹿児島旅行の行き先はNEWおだまLEE男爵?相手はパパ活?気になることを調べました。

梯沙希の生い立ちと複雑で親も育児放棄していた

梯沙希は現在東京在住ですが、育ちは宮崎県です。

幼少期の頃に児童養護施設に預けられ、小学生のときも施設から通学していました。もともと人見知りしない性格であり、学生の頃は明るくバレーボール部に所属していました。

高校卒業してすぐに上京し、元夫と出会い結婚、稀華ちゃんを出産します。しかし、まもなく離婚。

梯容疑者は、親から十分な愛情をかけてもらわずに育ちました。施設に預けられていたということなので、自分も育児放棄にあっていたのでしょう。

なので、自分も親にはなってみたものの愛情のかけ方がわからない。

ただ、施設に預けるということは親として良くないことというのは理解していた。「私はお母さんのようにはなりたくない」というプライドだけが高くなってしまったのでしょう。

まわりの目を気にして、インスタにのあちゃん写真をアップし、「ちゃんと育児してる母親」をアピールしていた。でも本当は自分の承認欲求を満たすだけで、「理想のママ」としてみられることに満足していただけだったということです。

梯沙希の元夫はDVが原因で離婚はデマの可能性が高い

梯沙希は元夫と3年前に離婚しています。のあちゃんを出産して間もない頃でした。

その原因は元夫によるDV。元夫は元妻である梯沙希に暴力をふるうだけではなく、稀華ちゃんに手を上げることもあったというのです。

妻に暴力をふるうのも十分悪いことですが、生後間もない稀華ちゃんにまで暴力の対象になるなんて、かなり危ない人間です。

普通の判断力のある人なら「関わってはいけない人」として避けるはずです。

しかし、梯容疑者はのあちゃんの死亡を発見したときに、元夫に電話しているのです。

関わってはいけない危ない人間に連絡をとるでしょうか。

おそらく、そんなことを考える余裕がなかったので、のあちゃんの親でもある父親に頼ってしまったと考えられますが、だとしたら自分本位な考え方の人間であることがわかりますよね。

離婚の理由が本当に元夫のDVだけだったのでしょうか。

梯沙希は自分を守るために数多くの嘘を平気でつくような人間なので、彼女自身にも原因があるのでは?と考えられます。

かけはし沙希は嘘つきの常連で悪気は全くなし

かけはし沙希は逮捕に至るまでに数々の嘘をつき自分の身を守ろうとしていたことが批判の的になっています。

どんな嘘をついたのか振り返ってみましょう。

・ 任意の聴取に対し、梯容疑者は当初、「長女は体調を崩して食事をとれなくなった」と説明していた。

・逮捕前の任意聴取に、のあちゃんが体調不良だったと装い、「新型コロナウイルスが怖くて病院に連れて行けなかった」などと説明していた

・救急隊到着前に稀華ちゃんのおむつや洋服を新しいものに替え元夫に電話し口裏合わせをもちかける

・鹿児島まで会いに行った交際相手とされる男性のLINEのやりとりを削除

・死亡直前まで稀華ちゃんと一緒に生活していたように偽装を図った

・鹿児島からは早く帰りたかったけど、飛行機が満席で席がとれなかったと供述。実際は空席あり。

・「お金がない」という理由で1年以上前から稀華ちゃんを保育園に通わせなかったと話す。シングル家庭の場合は保育料金は手当がでるため安く利用できる。

・勤務先の居酒屋にバレるのが嫌で、警察には「無職」と話していた。

 

また、友人や知人にも家族関係について嘘をついていました。

・子供の存在を知っていた知人や友人には、子供を置いて大丈夫?と指摘されると、「親族が同居している」と誤魔化していた。

・他にも、子供のことについては、「託児所に預けている」とか、「親戚が面倒みている」とか言っていた。

・旦那がいると知人に話す。

梯沙希の交際相手は元同僚と判明で「セフレ関係」だったか?素っぴんデブスと話題!東京大田区
東京大田区在住の梯容疑者はのあちゃんの死を隠蔽するも失敗し狂言自殺していたことが判明。かけはし沙希の顔と体型がインスタと実物で別人と話題に!梯容疑者の加工しまくり写真・画像あり。また鹿児島まで会いに行った交際相手は元同僚と判明で名前や顔写真は?セフレ関係の彼氏だったのか?Facebookは?など気になることを調べました。
梯沙希(かけはしさき)は殺人目的だったか?男と鹿児島旅行で稀華ちゃん放置死!東京大田区
東京お梯沙希容疑者が3才長女の稀華ちゃんを8日間も放置し脱水で衰弱死させる事件。かけはしさき容疑者のインスタグラムが特定し顔写真公開!仕事はキャバクラ嬢と噂にあるが居酒屋勤務と判明し、のあちゃんを溺愛しながらもなぜ虐待に至ったのか、鹿児島旅行の行き先はNEWおだまLEE男爵?相手はパパ活?気になることを調べました。

かけはし沙希は多重人格で二面性あり!子供が邪魔でインスタ削除

離婚した当初は、まだのあちゃんも乳児であり気が張っており「頑張らなきゃ」という気持ちがあったのでしょう。

梯容疑者の友人によると、

「稀華ちゃんのために頑張る。っていうのを聞いた覚えがあります。頼るあてがなかったんじゃないかなとは思いました」

「とても梯容疑者が稀華ちゃんを溺愛しいて、1つ1つの会話ができたよっていうのを報告して、おしゃべりしていた。」と語っていました。

遊園地に連れてったり、

ハロウィンの仮装をさせたり、七五三や誕生日も盛大にお祝いしてあげていた。

行きつけのコンビニの店員も、「もう普通のかわいがっているママですよ」と話しており、子煩悩な母親のイメージをもたせています。

 

もともとインスタグラムにはのあちゃんの写真をたくさん投稿していた梯容疑者。

しかし、逮捕時に公開されたインスタグラムではのあちゃんの写真は1枚もなし。

 

これが何を意味するかわかりますよね?

 

子供の存在が邪魔になったのです。

「もっと自由に遊びたい」「彼氏もほしい」

でも、インスタに子供の写真を載せていると、いちいち「子供を置いて大丈夫なの?」とか聞かれる。

好きな男ができても、子持ちだったら引くだろうな、など考えると、とりあえずインスタから子供の写真を消して独身のイメージにしようと考えたのです。

そうしているうちに、現実と違う「もう一人の自分」の存在が大きくなってしまい、歯止めがきかなくなってしまった、ということではないでしょうか。

かけはし沙希の育児放棄で古市憲寿氏「父親にも原因がある」という意見

9日放送のフジテレビ系「とくダネ!」で、社会学者でコメンテーターの古市憲寿氏は今回の事件に対してこのようにコメントしました。

「もちろん母親が責められるのは分かるんですけど、その前に父親がって思うんです」

「離婚しているとはいえ父親は父親であって。父親が母親に対してDVをしていたって報道もありますけど、そもそもの原因で考えると男の方にも原因があると思う。もちろん一番かわいそうなのは子供なんですけど、母親だけを責めていいのかってどうしても思っちゃいます」

これに対しなぜかヤフコメでも賛同意見がみられました。

・これは貴重な意見だと思う。

・確かに。父親どこいったって思う。

・父親は育児を放棄しているんだから、同罪か、もっと重くていいと個人的には思う。

・古市氏の意見に同意してしまう。離婚して子どもを引き取らなかった親の責任が軽すぎると思う。

・古市氏がまともなことを言ったのを初めて聞いた。

など、意外にも離婚した夫に対しても責任があるのでは?という声が多数きかれました。

 

このような意見が出るのは本質からズレており、危険です。

見方によっては、かけはし沙希が「悲劇の母親」に仕立てられる可能性もあります。

梯容疑者はこれまでに、”たくさんの嘘をついてきた”ということを忘れていないでしょうか?

たしかにインスタではディズニーや夜遊び、とにかく遊びまくってて生活に困窮しているようには見えなかった

離婚したのだって3年前でしょ?同じような家庭はたくさんあるよ。この人だけがかわいそうではない!

そもそも本当にDVで離婚したのか信憑性は低い

シングルマザーの家庭はたくさんあります。離婚の理由も様々で結局当事者同士でしかわからないのです。

今回の事件は、シングルマザーだからとかではなくて、「人間として」絶対にやってはいけないことだったのです。それを「父親の責任は?」という問題にするのは本来の意味も違うし、母親の虐待を正当化するようにもきこえてしまいます。

離婚したけど、育てる自信がなく、父親も危険な雰囲気であれば行政に頼る。

つまらないプライドがあるから問題が起きるのでは?

梯沙希のネグレクトについて尾木ママも的外れな意見をコメントしていた

さらに、9日放送のフジテレビ系「とくダネ!」で尾木ママもこのようにコメントしていました。

「子育てをどう社会化するか。例えば保育園とかいろんなところで預けられなくなって、しかも、シングルマザーで若年出産だってリスクが高すぎるじゃないですか。そういう場合に社会的にどういう風にチェックできていくのかケアできるかって、そのシステムが全然できていない」

「もっと社会全体で子供の命を大事にしないといけないと思います」

 

こんな論点のズレた的外れなことを言っているのです。

少なくとも梯沙希は子育てに困っておらず、周囲にも相談なし、自分のことだけ優先した結果です。

死亡させてしまったにしても、必死に子育てしたのに、という過程がないのです。ただ邪魔になっただけ。

 

 

保育園だって、シングル家庭はかなり安く利用できます。離婚当初は保育園に通っていたわけですから、「通えなかった」わけではないのです。

世の中にはシングルマザーが1人で子供を育てている家庭はごまんとあります。その人達と梯沙希を同じ分類にするのは違います。

尾木氏の言葉は薄っぺらい。8日間も留守にしてソファでドアを塞いで男に会いに行く母親に
どんな社会的サービスを提供するの?

 

「もっと社会全体で」と言うだけ。それは対処の一つではあるけど、抜本的な改善策にはなり得ないと思う。

梯沙希の交際相手は元同僚と判明で「セフレ関係」だったか?素っぴんデブスと話題!東京大田区
東京大田区在住の梯容疑者はのあちゃんの死を隠蔽するも失敗し狂言自殺していたことが判明。かけはし沙希の顔と体型がインスタと実物で別人と話題に!梯容疑者の加工しまくり写真・画像あり。また鹿児島まで会いに行った交際相手は元同僚と判明で名前や顔写真は?セフレ関係の彼氏だったのか?Facebookは?など気になることを調べました。
梯沙希(かけはしさき)は殺人目的だったか?男と鹿児島旅行で稀華ちゃん放置死!東京大田区
東京お梯沙希容疑者が3才長女の稀華ちゃんを8日間も放置し脱水で衰弱死させる事件。かけはしさき容疑者のインスタグラムが特定し顔写真公開!仕事はキャバクラ嬢と噂にあるが居酒屋勤務と判明し、のあちゃんを溺愛しながらもなぜ虐待に至ったのか、鹿児島旅行の行き先はNEWおだまLEE男爵?相手はパパ活?気になることを調べました。
ニュースの木

コメント