事件

大矢圭一郎のインスタグラム「ド派手な大学生活で野球そっちのけか」持続化給付金詐欺で逮捕愛知

事件

愛知大学生の大矢圭一郎が持続化給付金詐で逮捕されました。大矢容疑者のプロフィール、経歴、twitter、インスタを紹介。プロ注目のドラフト候補生に一体なにがあったのか。Instagramからは野球とは程遠い派手なパリピ生活が投稿されていました。

大矢圭一郎が持続化給付金詐欺で逮捕「プロ注目のドラフト候補」

 

新型コロナウイルス対策の持続化給付金を騙し取った疑いで逮捕された大矢圭一郎容疑者。

野球部のエースらしく、犯罪も指南していたようです。

29日、愛知県犬山警察署。  「持続化給付金をだましとったとして逮捕された男の身柄が、警察署に入ります」(江口記者)  住所不定の大学生・岩堀新大容疑者21歳。そして、愛知県豊橋市小池町に住む大学生・大矢圭一郎容疑者21歳です。  新型コロナウイルスの影響で、収入が半減した個人事業主などに支給される持続化給付金。生活の苦しい事業者が受け取るはずの100万円をだまし取った詐欺の疑いで逮捕されたのです。  大矢容疑者は愛知大学の野球部で投手として活躍。高校時代にはドラフト候補にもあがり、将来が期待されていました。人脈を生かして10人ほどの学生らを集め、うその申請を指南し、その見返りに報酬を受け取っていたとみられています。  警察は大矢容疑者ら2人の認否を明らかにしていません。

このような詐欺は多発しており、今後も摘発が相次ぐとみられています。

大矢圭一郎のインスタグラム「ド派手な生活で大学デビューで野球そっちのけか」

大矢圭一郎容疑者のインスタグラムは特定されています。

大矢圭一郎は高校生の頃からインスタグラムを開設しています。

この頃は「野球少年」そのものであり、あどけなさも残ります。

「きつい学校生活だったけど多分豊明高校はそこらへんの高校より確実に人間性と忍耐力は磨かれる
プロになって有名にするぞ〜!!
豊明のみんな仲良くしてくれてありがと!」

このようなコメントも投稿しており、愛知大学での野球生活への期待が感じられます。

大学生活が始まってからも、野球に真剣に打ち込んでいる生活がインスタグラムからも伝わってきます。

投稿内容も、野球中心の話題が多く見られました。

しかし、次第に派手な一面が見え始めてきます。

ドルガバにグッチのベルト。クラブでの飲み会。

見た目も変わってきました。

Twitterでも意味深なコメントが。

野球以外の大学生活を謳歌している、まるでパリピの投稿が目立つようになります。

野球に関する投稿は時々あるのみで、遊んでるような投稿がほとんど。

高校時代まで野球一筋だったのが、大学生になり他の楽しさを知ってしまったという印象。

しかしまだ大学生であり、アルバイトをしていたかは不明ですが、毎週のように飲み会を開いたり、ブランド物を持つにはお金がかかります。

インスタグラムでは華やかにみえていた大学生活も実は維持するのが金銭的に大変だったのではないでしょうか。

これも、持続化給付金詐欺で得たお金で遊んでいたかと思うと、情けないですね。

見栄と誘惑に勝てずにしてしまった詐欺行為。

代償はかなり大きなものになってしまいました。

大矢圭一郎容疑者のスゴイ経歴とプロフィール紹介

大矢圭一郎容疑者はプロの世界からも注目されているスゴイ選手でした。

大矢 圭一郎(おおや・けいいちろう)

出身:愛知県名古屋市

年齢:1999年生まれの21歳

身長体重:179cm77kg

出身校:名古屋市立久方中学校、豊明高校卒業後、愛知大学へ入学。現在大学3年生

・中学生時代は日進ベストドリームズに所属。

・豊明高校でキャッチャーからピッチャーに転向。

・甲子園経験はなし。

・中日などのプロスカウトから注目され、高校3年春の県初戦にプロ6球団を集結させた。

 

将来プロ野球選手として生きることを夢見てコメントしたのでしょうか。

メディアにも掲載されたことがあるほどの実力の持ち主でした。

大矢圭一郎容疑者は、プロ野球選手になることも、現実的でありました。

しかし、今回の事件のように顔や名前が一度出てしまったら「前科者」としてのレッテルは一生残ります。

プロ野球選手になればもっと稼ぐことはできたのに、ここまで野球を頑張ってきて、なぜこんなことで人生棒に振ってしまったのか非常に残念です。

おそらく今後スカウトされること無ければ、プロになることは難しいでしょう。コロナ禍で本当に生活が厳しい状況の人もたくさんいる中、このような行為は許されないのです。

ニュースの木

コメント