事件

野口麻美さんの顔画像とFacebook特定か「犯人のDV元カレは自殺」東京中野区

事件

東京・中野区のマンションの部屋で、野口麻美さん38歳が殺害された事件。野口あさみさんの顔写真、インスタグラム、Twitter、Facebook、マンション名の特定し、店の名前は「Equal(イコール)」。元交際相手の高橋宏征服の店名は「iro」と判明。事件の動機に迫ります。

【野口麻美さん殺害】高橋宏征(ひろゆき)の店iroは評判最悪「二度と行きたくない」東京

福岡15歳少年の顔と名前が爆サイで特定「母親への恨み」が動機か?精神崩壊から殺人鬼へ

福岡15歳少年5chで名前特定「吉松弥里さんに一方的な恋愛感情か」振り向いて欲しく逆上も

野口麻美さんの顔画像とFacebook、Twitter、インスタグラム

殺害された野口麻美さんの顔画像はこちらです。

野口麻美さんは38歳とのことですが、とても若く見え、美人な方です。

Facebookについては、野口麻美さんと同姓同名のアカウントが数件ありましたが、本人のものと特定に至らず。

 

Twitterやインスタグラムに関しては、野口麻美さんと同姓同名アカウントが20件以上あり、特定には至りませんでした。

新たな情報が入り次第追記していきます。

追記:野口麻美さんのインスタグラム特定

殺害されたパティシエの野口麻美さんのインスタグラムが特定できました。

mami salvia noguchi (@mami_salvia) • Instagram photos and videos
434 Followers, 1,288 Following, 323 Posts - See Instagram photos and videos from mami salvia noguchi (@mami_salvia)

最後の更新は6月22日

View this post on Instagram

✴︎ 小学生の頃、バレンタインデー前日に 母と一緒にブラウニーを作って 好きな子にあげた記憶があります 翌年、別の男の子(?)にあげる時には 「去年作ってるし、私一人でつくれる!」と 本も見ずに、母に手伝ってもらうのも拒否し 意気込んで作り大失敗。 結局買ったんだったかなー? あげずに悔やんだんだっけなー? ブラウニーと初めて向き合ったのは幼い時のバレンタインデーです 甘く苦いなー! あの頃にこの動画を見ていたら ブラウニーで彼を落とせたかもしれない!と思うと 8歳の私に教えてあげたい気持ちでいっぱいになります 大宮太一君とか、門岡朋弘君とか、柴田洋平君とか、、あと誰いたかなー。。 彼らは元気だろうか? なんて気の多い小学生だったのだろうー ブラウニーで幼少期を振り返りながら 大人になった私もこれで一度作ってみます #Repost @path_restaurant with @get_repost ・・・ PATHのYouTubeチャンネルで家でも出来るチョコレートブラウニーのレシピを公開してます! 是非プロフィールのリンクからチェックしてみて下さい! @yuichi.goto @taichihara We will share the Chocolate brownie recipe. Link in @path_restaurant bio!!

A post shared by mami salvia noguchi (@mami_salvia) on

野口さんは家族や友人を大切にしている様子がインスタグラムからもみてわかります。

今回第一発見者となった弟さんのお子さんもインスタにアップしており、優しい人柄が伺えます。

【野口麻美さん殺害】高橋宏征(ひろゆき)の店iroは評判最悪「二度と行きたくない」東京

福岡15歳少年の顔と名前が爆サイで特定「母親への恨み」が動機か?精神崩壊から殺人鬼へ

福岡15歳少年5chで名前特定「吉松弥里さんに一方的な恋愛感情か」振り向いて欲しく逆上も

野口麻美さんは「美人パティシエ」元彼にストーカー被害を受けていた

野口麻美さんに関しての情報はまだ少ないですが、ヤフコメのコメント欄に野口さんがパティシエであったという書き込みがされています。

・容疑者と思しき人はパティシエで、自分のインスタグラムに遺書みたいなものを残しています。びっくり…

・インスタで被害者と同名の元交際相手から執拗な嫌がらせを受け続けたせいでお店を閉店することになりました、というパティシエの方を見掛けたのですが、もしかしてこの事件に繋がっているのでしょうか…

 

野口さんの職業や、インスタグラムも引き続き調査し、新たな情報が入り次第追記していきます。

もし本当だとすれば、かなり前からストーカーのような被害にあっていたことがわかり、長期間苦しんでいたことになります。

追記:報道機関によると、野口さんは洋菓子店に勤めていたことが明らかになりました。

野口麻美さん38歳が自宅マンションで死亡殺害の可能性東京中野区

野口麻美さんが殺害された事件の概要です。

東京・中野区のマンションで、38歳の女性が血だらけで死亡しているのが見つかりました。警視庁は女性が事件に巻き込まれた可能性があるとみて調べています。  30日午前10時ごろ、中野区白鷺のマンションで「姉が出血して冷たくなっている」と部屋を訪れた30代の弟から119番通報がありました。消防などが駆け付けると、この部屋に住む野口麻美さんが全身血だらけの状態で寝室で倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。警視庁によりますと、部屋が荒らされた跡はありませんでしたが、現場には刃物などは見つかっておらず、警視庁は野口さんが事件に巻き込まれた可能性があるとみて調べています。

Yahoo!ニュースより引用

野口麻美さんを殺害した犯人は元彼の名前は高橋宏征服で顔画像特定

こちらが野口さんを殺害したとみられる高橋宏征、34歳。

殺害された野口麻美さんの第一発見者は実弟です。

高橋宏征は、昨年8月に野口さんの顔を殴ってけがをさせたとして、傷害の疑いで書類送検されていました。

野口さんが殺害されたのが確認されたあと、約3キロ離れた別のマンションの敷地内で高橋宏征が死亡しているのが見つかり、自殺したとみて詳しいいきさつを調べています。

警視庁によりますと、元交際相手の高橋宏征は7階付近から飛び降りたとみられています。

元交際相手の無理心中に野口さんも巻き込まれてしまったということでしょうか。

もともとDV男だった元交際相手の存在。再犯の恐れがある容疑者から被害者を守ることは出来なかったのでしょうか。

追記:男は去年8月、野口さんの顔を殴ってけがをさせたとして警視庁に書類送検された後は野口さんと連絡はとってませんでしたが、去年11月に野口さんにつきまとい行為があり警視庁から警告を受けていました。

その後、男からの接触はなく、今年4月下旬、野口さんからの申し出で対応を終了したとのこと。

追記:野口麻美さんの元交際相手の高橋宏征は洋菓子店「iro」経営者

野口麻美さんを殺害した犯人とされる高橋宏征は、世田谷区で洋菓子店「iro」を経営しています。

野口さんも洋菓子店勤務しており、2人は同業者であることがわかりました。

このお店は2018年11月にオープンし、まだこれからというとき。

また高橋宏征は8月30日早朝にSNSで野口さんを非難し、自殺をほのめかす投稿をしていました。

追記:野口麻美さん元彼の高橋宏征のインスタグラム、Facebook特定

野口麻美さんを殺害した高橋宏征は事件当日の朝、犯行を匂わせる内容のコメントをインスタグラムに投稿しています。

一方的に野口さんへの恨みつらみが綴られており、不気味な印象です。

フォロワーが14000人いるのに対し、フォローは0人。

 

閉店のお知らせ。
本日を持ちましてイロは店主の都合により閉店致します。
色々ありましたが、ここまで、応援、支えてくださった人達には何と感謝を申し上げたらいいか。私が元交際相手野口麻美から多大なる嫌がらせを受け、後藤シェフのお店に入り込み、そこから名前を利用して様々な影響をもたらしてくれました。吸いたくもないタバコをこれでもかと吸い続け限界でした。僕はどうしようもない憤りから彼女を許すことができず、大好きな後藤シェフのお店へ行けなくなったことが大きいと思います。ぼくらパティシエの日常なんてとてもちっぽけで、ちょっとした楽しみを奪われたりするだけで生活が息苦しさでいっぱいでこの1年間本当に悩み、もがき、眠れない日々でした。他の方へご迷惑をかけずに終われただけでも今はほっとしています。恨まれるようなことをする人へしてしまった人へ、それはどこかしらに必ず自分自身から影響していきます。なので、絶対に先に謝る、誤解をとくことをお勧めします。恨んでいる方へ、
絶対にすっきりすると思って死ねると思いましたが、振り返るとなんだかこんなことでと気持ちがなってしまいました。(なえてしまいました?)許すとゆうことをうまくできるように私達は生きていかなければならないのですね。皆さんに最後にありがとうとだけ言わせてください。人好きな自分が人に犯されて死ぬのはどうしよううもないことですが、人生に悔いはないです。その上での決断です。ありがとう。本当にありがとう。平尾に帰りたかったなー。

また、高橋宏征「iroイロ」のFacebookはこちらです。

 

野口さんが殺害された事件があったのは中野区白鷺のマンションです。

 

マンション名は「ロイヤル銀喜マンション」との情報です。

住所は東京都中野区白鷺2丁目6-22

ニュースの木

コメント