事件

宮本孝征のFacebookと顔画像「知的障害女児を狙っており余罪多数か」東京葛飾区

事件

東京都葛飾区の放課後デイサービスに通う10代の小学生女児にわいせつ行為をして逮捕された宮本孝征(みやもとたかゆき)。宮本孝之のFacebookと顔写真について調べてみました。また、学童施設の名前や場所、宮本容疑者の犯行理由などについても探ってみました。

長谷川夏風の大学と高校特定「前澤友作にお金もらおうと必死な柔道選手だった」東京世田谷

井上浩一顔画像とFacebook「イケメン教師の裏側はいじめの主犯格」東京あるきの市小学校

上野宝博の顔画像特定「食べ物の恨みで殺意がわいた狂気の顔」兵庫県宝塚市長尾中学校

宮本孝征(みやもとたかゆき)のFacebookが特定か

宮本孝征のFacebookを調べてみました。

 

「宮本孝征」と同姓同名アカウントは1件みつかりました。しかしFacebook内は投稿がされておらず、本人のものと特定するには至っておりません。

Twitterアカウントも調べてみましたが、同姓同名アカウントは見つかりませんでした。

宮本容疑者は44歳でFacebook世代であり、自宅からもスマートフォンを使って動画を撮影していたことから、何かしらのSNSを利用していた可能性は高いです。今後も新たな情報が入り次第追記していきます。

宮本孝征の顔画像「真面目で信頼されていた」

放課後デイサービスで知的障害のある小学生女児に性的暴力をした疑いで逮捕された宮本孝征の顔画像です。施設の同僚からは「勤務態度は真面目で、上司としても信頼できる」と評価されていました。

宮本容疑者は現在44歳で年相応の容姿をしております。一見、真面目そうで物静かな印象。特にトラブルを起こすような人柄ではなかったようです。しかし、この大人しそうな外見の裏ではとんでもない卑劣な行動をくりかえしていました。

こちらは、宮本容疑者の東京都葛飾区内にある自宅の画像です。

長谷川夏風の大学と高校特定「前澤友作にお金もらおうと必死な柔道選手だった」東京世田谷

井上浩一顔画像とFacebook「イケメン教師の裏側はいじめの主犯格」東京あるきの市小学校

上野宝博の顔画像特定「食べ物の恨みで殺意がわいた狂気の顔」兵庫県宝塚市長尾中学校

宮本たかゆき「同意はデマ」反論できない知的障害女児を狙っていた

中年太り気味の体型に冴えない表情、ダサい髪型。知的障害児向けの学童施設で小学生の女児にわいせつ行為を繰り返した疑いで逮捕された宮本孝征は、お世辞にも女性にモテてたとはいえない人生だったのではないでしょうか。

同年代の女性には全く相手にされず、むしろ気持ち悪がられていたかもしれません。いくら「真面目」を装っていたとしても、職を転々としていたとすればお金も持ってなさそうだし信用できない。成人した女性からみればすぐに見抜かれることです。しかし同年代の女性に全く相手にされないにしても男としてのプライドだけは高かったのではないでしょうか。「自分だって若くてかわいい子に慕われてるんだぞ。」と放課後デイサービスで働いてくうちに勘違いしたのでしょう。

小学生といえど女の子の場合は成長が早熟な子がいます。今回被害にあった小学生の女の子の障害の程度にもよりますが、性に関する理解や理性も乏しければ、人を疑うこともなく少女漫画のような恋愛を夢見る子供もいるでしょう。いくら宮本容疑者が親と同じくらい年が離れていたとしても、自分に優しくしてくれれば特別な気持ちになるのは自然なことかもしれません。

ちょっと甘やかせば自分になついてくる。その無邪気な気持ちを逆手にとり、女子小学生を自分の性欲のはけ口に利用していたのではないでしょうか。「同意の上だった。」と正当化していますが、わかりづらい説明をして「うん」と言わせた可能性は高いです。

職場の同僚からは「勤務態度は真面目で信頼していた」と言われており印象は悪くなかった様子。しかし、44歳にしてこの放課後デイサービスで2年しか勤務していないということは、元々こういうことを繰り返して職場を転々としていたのでしょう。今回の事件以外でも捜査が入っているくらいですから、調べれば余罪は多数出てきそうです。

宮本孝征「大事な娘を中年男のおもちゃにされた女児の親の悲しみ」

宮本孝征が逮捕されたのは、別件で家宅捜査が入ったときに女児のデータが記録されたUSBメモリーを見つかったのがきっかけでした。宮本容疑者は昨年3月2日~4月29日の間に計十数回も小学生女児1人に性的暴行を加えたり、その様子をスマートフォンで撮影していました。

これほど女性にとって屈辱的なことをされたのに、女児の口からは被害の報告が無かったことになります。宮本容疑者も、障がいがある児童だから、バレないとか傷つかないとでも思って、見下していたのでしょう。この女児の親御さんも今回の事件が発覚するまでは気づかず、それどころか毎日ニコニコして放課後デイサービスから帰ってくる娘の姿に安心していたかもしれません。

知的障害の小学生だと親に何があったか話せる子はあまりいないので、親も体の傷やアザなどが無い限り気がつきにくいでしょう。中には甘えたがりでベタベタしてくる子供もいて、距離感を教えることも大切なのです。施設側も「我が子のように接している。」と話しており、信頼しきっており疑う余地もなかったのではないでしょうか。

親としては、安心して我が子を預けていた場所でまさかこんな卑猥なことをされているなんて想像もつきません。まだ成長期の体に傷をつけられただけではなく、動画まで撮影されていた。もしかしたらネットで拡散されているかもしれない。宮本容疑者はとりかえしのつかない傷を女児とその家族に負わせてしまったのです。

被害にあった女児は宮本容疑者からされたことを理解していないだろうし、報告も質問もできない。そこにつけこむ行為は卑劣以外なにものでもありません。

宮本孝征の放課後デイサービスの名前は「問題まるけの管理体制」

宮本孝征の勤務していた放課後デイサービスの名前と場所はどこでしょうか。現在報道されている情報によると、「葛飾区内の施設」ということ以外の情報がありません。東京都葛飾区のHPによると、葛飾区内には30件以上の放課後デイサービスがあることがわかりました。

葛飾区内の放課後デイサービスのHPやFacebookを調べてみましたが、宮本孝征の勤めていた施設の特定には至りませんでした。今後も2chや爆サイなどの情報を追い、新たな情報が入り次第追記していきます。

宮本たかゆきの勤務していた放課後デイサービスには防犯カメラが設置されていましたが、宮本容疑者の行為は記録されていませんでした。宮本容疑者が暴行している間、他の職員はいなかったのでしょうか。もし、宮本容疑者がその場に1人だったとしても、その間他の子供は放ったらかしにされていたという可能性もあります。

また、犯行は自宅でも行われていたということですから、施設から連れ出しているということです。施設で預かるはずの子供を自宅に連れ帰ったり、施設内でも暴行しており、上司や同僚が気付かなかったということは一体どんな管理体制をしていたのでしょうか。大事な子供を安心して預ける場所としてはかなり不安が残ります。

長谷川夏風の大学と高校特定「前澤友作にお金もらおうと必死な柔道選手だった」東京世田谷

井上浩一顔画像とFacebook「イケメン教師の裏側はいじめの主犯格」東京あるきの市小学校

上野宝博の顔画像特定「食べ物の恨みで殺意がわいた狂気の顔」兵庫県宝塚市長尾中学校

宮本孝征が学童施設の知的障害の女児に性的暴行疑いで逮捕概要東京

宮本孝征が放課後デイサービスに通う、知的障害の女児にわいせつ行為をして逮捕された事件概要はこちらです。

知的障害児向けの学童施設で小学生の女児に繰り返し性的暴行を加えるなどしたとして、警視庁は16日、施設の元職員、宮本孝征容疑者(44)=東京都葛飾区南水元1丁目=を強制性交等と強制わいせつ、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕し、発表した。調べに対し、「同意の上だった」と供述しているという。 亀有署によると、宮本容疑者は昨年3月2日~4月29日の間に計十数回、当時の勤務先だった都内の施設と自宅で、女児1人に性的暴行を加えたりわいせつな行為をしたりしたほか、その様子をスマートフォンで撮影した疑いがある。 発覚は今年9月下旬。警視庁が別の事件に関連して宮本容疑者の自宅を家宅捜索した際、女児のデータが記録されたUSBメモリーを見つけ、調べていた。施設の責任者によると、宮本容疑者は今年8月まで2年間ほど勤務。「勤務態度は真面目で、上司として信頼していた」という。施設には利用者への虐待を防ぐ目的で防犯カメラを2台設置しているが、宮本容疑者の行為は記録されていなかったという。 責任者は「利用者とは我が子のように接している。被害の詳細を把握できていないが、逮捕されるような行為をしたことが許せない。裏切られた」と話した。

 

ニュースの木

コメント