ドラマ 黒革の手帖

黒革の手帖~拐帯行~ネタバレあらすじ「続編でまさかの殺人事件か」2021スペシャル

ドラマ

2021年1月7日に武井咲主演のドラマスペシャル黒革の手帖~拐帯行(かいたいこう)のあらすじと原作をもとにした結末、ネタバレを紹介。2020年の放送日はいつから?再放送や動画配信についても紹介していきます。今回も元子の悪女ぶりは健在!殺人事件にまで発展してしまうのか驚きの展開へ。

黒革の手帖~拐帯行~あらすじ「スペシャル版で服役後の元子が復活」

武井咲主演の黒革の手帖~拐帯行(かいたいこう)~スペシャル版は2017年の連続ドラマの続編になります。最終回では原口元子が警察に連行され逮捕されたところで終了しました。今回のスペシャル版は、3年間の服役を経て出所した元子の今後についての物語になります。

黒革の手帖~拐帯行~2017年のドラマ版のあらすじも紹介しスペシャル版のあらすじをみていきましょう。

黒革の手帖~拐帯行~2017年ドラマ版のあらすじネタバレ

原口元子(武井咲)は、母親の残した借金を返済するために、昼間は東林銀行世田谷北支店で派遣社員として働き、夜は銀座のクラブ『燭台』でホステスとして働いていた。夜の仕事では、常連客である楢林クリニックの院長・楢林謙治(奥田瑛二)に気に入られ、『燭台』のママ・叡子(真矢ミキ)に連れられ、楢林とのゴルフに出かける。そこで大手予備校・上星ゼミナールの理事長・橋田常雄(高嶋政伸)と衆議院議員秘書の安島富夫(江口洋介)と出会う。

元子は、東林銀行から横領した1億8千万円と借名口座のリストを記した“黒革の手帖”を元に、銀座にクラブ『カルネ』をオープンさせることに成功。銀行員時代の同僚であった山田波子(仲里依紗)は元子に誘われ、『カルネ』で働くことに。しかし波子は早速楢林謙治に見初められ、他のホステスの客にも手を出すようになってしまい、なんと楢林を誘惑し、『カルネ』の上の階に自分の店をオープンさせようと企む。

それを知った元子は波子に制裁を加え、結局波子の店のオープンは流れてしまった。波子は元子に対して怒り心頭。「銀座で商売できないように潰してやる…」と、元子が銀行員時代何をしたのか次長・村井亨(滝藤賢一)から聞き出そうとする。村井も元子の横領事件により人生を狂わされてしまい、恨みを募らせていた。

そんなある日、『カルネ』に上星ゼミナールの理事長・橋田常雄(高嶋政伸)が来店し、元子を旅行に誘い出す。橋田は元子に好意を寄せているが、なかなか振り向いてもらえず、他に男がいるのではと疑いはじめる。

銀座の超有名店であるクラブ『ルダン』が売りに出されるということを知った元子は、何がなんでも店を手に入れたいと考えはじめる。『ルダン』の売値は3億円。元子は黒革の手帳を見ながらどうしようかと考える。 後日、元子は、橋田とともに料亭『梅村』を訪れる。そこで偶然、安島と婚約者の堂林京子(江口のりこ)が一緒にいるのを見てしまう。安島を気にする元子の様子にさらに嫉妬心を掻き立てられる橋田。

『梅村』を訪れた数日後、『梅村』の仲居、島崎すみ江(内藤理沙)が『カルネ』で働きたいと元子のもとへ訪れ、すみ江をホステスとして雇うことになる。元子はすみ江を利用し、上星ゼミナール理事長・橋田常雄(高嶋政伸)の裏口入学斡旋者リストを手に入れることに成功する。そして、橋田が買おうとしている料亭『梅村』を奪って、2億円で売り『ルダン』を手に入れようとするという企みだ。

ついに長谷川庄治(伊東四朗)から銀座の最高峰クラブ『ルダン』を買い取る準備を整えた原口元子(武井咲)は、手付金の5千万円を現金で支払い、売買契約書を交わす。自宅に戻った元子の家に楢林の愛人である中岡市子(高畑淳子)が現れ、楢林から奪った五千万円を返すように詰め寄る。元子はその場をやり過ごすが、その後何者かが自宅に侵入し黒革の手帳が盗まれてしまう。そして順調に事が進んでいた元子にまさかの事態が訪れる。

結局元子はトラブルに見舞われ、長谷川庄治(伊東四朗)と約束した期日に契約金の残金を支払えなかった。その代償として『ルダン』を手に入れることもできず、『カルネ』も差し押さえられてしまう状況に。長谷川は『カルネ』の新しい支配人として村井亨、新しいママとして山田波子(仲里依紗)を任命し、元子は居場所を失ってしまった。

元子は『燭台』のママ・岩村叡子(真矢ミキ)に相談するも、冷たく突き放されてしまう。途方にくれた元子は安島富夫に頼み込み弁護士を紹介してもらい、『カルネ』を奪還するべく行動をする。元子はもう一度長谷川庄治に会い、『カルネ』の権利を返すよう迫る。長谷川は元子の熱意に押され要求を受け入れ、カルネの権利の返却とルダンも譲り受けることになる。

『カルネ』を取り戻した元子は店へ向かい、ママとして店にいた山田波子を追い出す。その頃、脱税捜査を受けた楢林謙治と中岡市子のもとに波子が現れます。何か企みがある様子。

その後市子は元子の自宅に行き「感謝したい」と言葉を伝え、一緒にお寿司が食べたいからと注文する。お寿司の出前が届き、元子が受け取っている間に市子は元子の黒革の手帖を盗み、その後手帳を持って警察に向かう。市子の行動が元子と安島の運命を狂わすことに。

『ルダン』のオープンの日と同日に安島の結婚式。これから披露宴が始まろうとした矢先、警察が現れ、安島は贈収賄容疑で連行されてしまう。一方元子はオープン当日、忙しく店の中を駆け回り充実感に満ちていた。しかし、そこへ警察が現れ、元子も連行されてしまうという結末。 

 [ad]

黒革の手帖~拐帯行~2021年スペシャル版あらすじ

ドラマスペシャル黒革の手帖~拐帯行~のあらすじはこちらです。

3年前、横領と恐喝の容疑で逮捕され、その後実刑判決を受けた原口元子(武井咲)。刑期を終え、出所した後、スーパーのパートとして出直そうとするも、運悪く『楢林クリニック』の看護師長・中岡市子(高畑淳子)と遭遇してしまい、過去を明かされてしまうなど、うまくいかない日々が続いていた。
 このまま東京にいるよりは、誰も自分のことを知らない土地で再出発しようと考えた元子は古都・金沢へ。偶然再会した『上星ゼミナール』の理事長で、元子とも因縁の深い橋田常雄(高嶋政伸)を伝い、日本屈指のITビジネス経営者で総売上1千億円を誇る神代グループCEO・神代周吾(渡部篤郎)を紹介してもらうと、彼が経営する高級クラブ『アルテローズ』でホステスとして働き始める。
 天賦の才能と魅力であっという間に頭角を現し、ママを任されることになった元子。それまで『アルテローズ』でママを務めていた板橋レイナ(安達祐実)はもちろん怒り心頭。さらには銀座時代のライバルでもある山田波子(仲里依紗)までも現れて…。
 そんなある日、神代を訪ねて森村隆志(毎熊克哉)という男が『アルテローズ』にやってくる。両親が営んでいた喫茶店を閉店させた上、父親を自殺に追い込んだ神代に復讐したい、という森村。顧客データを流出させ、金を得た森村に対し、元子は「その程度の復讐でいいのか」と尋ね…?
 その後、ある事件をきっかけに逃避行を余儀なくされた元子と森村。死を覚悟して行きついた海沿いにある静かな旅館での佐藤良樹(風間杜夫)とその妻との出会いによって、元子の人生は再び大きく動き始める!公式HPより引用

黒革の手帖~拐帯行~ネタバレ「殺人事件にまで発展か」

2021年ドラマスペシャル「黒革の手帖~拐帯行~」の全ネタバレをしていきます。

刑期を終え金沢で再出発する原口元子

3年前の横領事件での刑期を終え、スーパーのパートとして再出発した原口元子は、偶然再会した橋田常雄から、神代グループCEO・神代周吾を紹介してもらい、クラブ「アルテローズ」でホステスとして復帰する。その頃森村隆志は病院で入院する母のそばにいた。森村の母の死期は近づいており、長年経営してきた喫茶店の心配をしていた。

一方。アルテローズで働き始める元子(源氏名:ももこ)は入店2週間で売上がナンバーワンになり、これまでのナンバーワンでママのレイナを抜いた。神代はママの座をレイナから元子に変え、レイナはプライドをズタズタにされる。

翌日元子は、クラブの新しいママとして着物を着て出勤。忙しく働いていると、新規の客として山田波子が来店する。波子は元子の銀行員時代の元同僚で、水商売の世界に入ってからは何かと元子に嫌がらせをする人間になってしまった。波子は花束を持ち、元子にあいさつをしがてら、大勢の客の前で元子の前科について大声でバラす。

客はざわつき、元子に真相を問うと、元子は否定せず「ええ、そうです。」と堂々と認めた。客は意外にも元子に共感し、逆にイメージアップになるという結果になった。波子はくやしくなり、悪態をついて去る。

元子のママ初日は大成功であり、神代と客を外までお見送りする。すると神代の背後から、「神代さん、、、。」と森村隆志が声をかけ立っていた。

神代が父親を自殺に追い込んだことを恨む森村隆志

「アルテローズ」の閉店後、神代と森村は対面し話をする。そして森村はこれまで耐えてきた思いを神代の前で晒しだす。森村隆志の両親は50年近く、夫婦で喫茶店を経営していた。大きな儲けはないが、とても愛着のある店だった。

しかし、森村の喫茶店のある場所の土地が欲しい神代は、喫茶店で食中毒が起きたとデマを流し、店をダメにした。経営が苦しくなった父親は自殺し神代がその土地を買い取った。森村隆志は両親の大切にしていた喫茶店を守りたい一心で神代に土地を返してもらうように頼み込む。

神代は軽くあしらうも、森村はあきらめず土下座をする。そして神代に足蹴りにされたあげく、「お母さんのお見舞いです。」と数万円を森村の頭上からバラまき、その場を去っていく。元子は影でその一部始終をみていた。

翌日、森村の母親は病院で息をひきとり、残されたのは母親の入院費だった。森村は無職であったため、ハローワークへ行き仕事を探し始める。そこで紹介された就職先が神代の会社の契約社員だった。神代に恨みがある森村は仕返しをすべく、神代の会社に入社する。

森村隆志に復讐を斡旋する元子

元子は出勤すると、レイナと神代が争っている姿を目撃する。結果レイナは店を辞めることに。屋台で酒を飲むレイナのもとに、元子が現れ「これは私から。」と、100万円を手渡す。レイナも神代のことを恨んでいるということを知った元子は、レイナも利用しようと考えたのだ。

神代の会社に契約社員として入社した森村は、上司のパソコンを打つ動作を盗み見し、顧客データを盗むことに成功する。森村はそこで得た顧客データを闇業者に売り、金を手に入れる。

森村はその足で、「アルテローズ」に出向き、一番高い酒を注文する。ホステスとして座席についた元子は森村の相手をうるが、会話ははずまない。元子はあえて会話をせず、森村の様子を伺っていたのだ。

森村は「金沢で一番高い酒の味はこんなもんか」と呟き、帰ろうとする。そこで、さきほど闇業者からもらった封筒に入った金を落としてしまい、金がバラバラと床に落ちた。

元子は森村に「何のお金ですか?」と問い、森村は神代の会社の顧客データ流出で会社のイメージダウンを狙ったことを明かす。すると元子は、「いいんですか?その程度の仕返しで。神代はその程度のことでは微句ともしない。どうせやるならもっと痛めつけないと。」とささやくのだった。

神代の愛人、美香を騙す地面師元子

神代には若い愛人、美香がおり、美香は近々自分の飲食店をオープンさせたいという夢があった。しかし、美香自身が努力するわけではなく、神代に資金は全部負担させるという状態だった。美香は色々な場所を下見しており、中でも一件気に入った場所があり、不動産屋を訪れていた。

美香が不動産屋から帰ったあと、元子が同じ不動産屋に出向き、美香が気に入った店の情報を得ることに成功する。後日、美香が下見にきた店に、店のオーナーに扮した元子と森村隆志が対応した。

元子は十分な根回し、地面師として美香の前に現れたのだ。何も知らない美香は元子と森村が店のオーナーだと信じ込み、手付金3000万、物件費3億円を神代からもらった金で払ってしまう。

後日、リフォームの下見に来た美香は、この店の本当のオーナーと対面し、不審者扱いされてしまう。状況が理解できない美香は、自分が騙されていたことに気づく。

事態を知った神代は元子に電話し、「やってくれましたね。」と話すと、元子は黒革の手帖を取り出し、神代がこれまでしてきた不正な金の流出について暴露する。「どうやって知った?」と問う神代に元子は、「ご自分で調べられたらどうですか。」と余裕の返答をしてみせるのだった。

森村隆志が橋田常雄を殺害か!?

開店前のアルテローズに橋田常雄がやってくる。元子が神代から3億円を奪ったことを知る橋田は、「君みたいな悪い女が人の金で幸せになろうたってそうはいかない。」と吐き捨て、元子に襲いかかろうとする。すると橋田の背後から森村隆志が現れ、橋田の後頭部を強打する。

橋田はそのまま意識を失い床に倒れ込む。そして、元子は森村の運転する車で逃げるのだった。港についた2人は車をおりて、海を眺めながら話す。「死んだかな?」と話す森村に元子は、「傷害罪には問われると思う。また刑務所戻りか。」と呟き、これからどうしようかと考える。

2人の行き着いた先は高級旅館だった。こんな高級な宿に泊ったことがないと話す森村に、元子も「私もよ。」と返事をする。華やかに見える元子に暗い過去があったことを知り森村は驚く。

旅館を楽しんだ2人だが、翌日部屋に配られた新聞で、橋田常雄が何者かに殺害されたという記事を発見する。森村は、あのときの自分の行動で橋田は死んでしまった。と嘆き、部屋を飛び出す。探しにきた元子は森村に、「私たちは少なくともお金からは自由。一生懸命生きてきた結果がこれならしょうがない。死ぬならもうちょっと生きてからにして。」と伝え、森村の自殺を思いとどませる。

すると、ある老夫婦が通りがかり、元子は2人の写真を撮るのを手伝う。このことがきっかけで元子たちは老夫婦と話すようになる。老夫婦の名前は佐藤逸美と良樹といった。そして同じ旅館に泊まっていることから、夕食もともにする。

元子たちにとって、佐藤夫妻はとても仲が良くて、穏やかで幸せそうにみえた。しかし、佐藤夫妻も昔は苦労し、借金がふくらんで、何度も一家心中しようとしたことがあるときかされた。一人息子は医大生なんだと嬉しそうに話す良樹にこれまで楽しそうだった逸美はだまりこんでしまう。

驚愕!橋田常雄を殺害した犯人は佐藤良樹だった

翌日旅館に警察が来たのを森村隆志は目撃する。今度こそ終わった、、そう思った元子と森村は旅館から飛び出す。思い詰めた森村は、橋の手すりに手をかけ飛び降りようとする。そして元子にも手をのばすと、「私は死なない。死ぬのなら一人で死んで。」と返事をする。

元子の父親も元子が5歳のころに自殺しており、幼い頃にかわいがってもらった記憶はない。「私は絶対あの人(元子の父)みたいにならない。死んだら負け。あなたは負けてもいいの?くだらない男に人生踏みにじられて。」そう話すと元子は森村に手を伸ばし、森村は自殺を思いとどまった。

また刑務所に戻るかもしれない。そう思いながら2人は旅館へもどる。しかしそこで目にしたものは驚愕の光景だった。それは佐藤夫妻が警察に連行されていたのだ。警察は自分たちを追ってたのではなく、佐藤夫妻を追っていた。

偶然にも佐藤良樹も橋田常雄に縁がある男で、強い恨みをもっていた。佐藤良樹には一人息子がおり、息子を医大生にしたいがために、橋田にお願いして800万円支払い、裏口入学を斡旋してもらった。しかし、息子が受験した大学には同姓同名の生徒がおり、手違いで合格したのはもうひとりの方だった。息子は大学に受からず、ひきこもりやがて両親に暴力を振るうように鳴る。

橋田に800万円を支払ったのに、橋田のミスで息子が合格できなかったことを恨んだ佐藤良樹は橋田に問い詰めるも相手にしてもらえず。そしてある日、佐藤良樹は橋田のあとをつけ、ビルから出てきたところで殺害したのだ。

つまり、森村隆志が橋田の頭を強打したあと、一度橋田は起き上がっており、店をでていった。その直後に佐藤良樹に殺害されたということになる。

佐藤夫妻は警察に捕まるのも時間の問題。それならば捕まる前に高級旅館に泊まり贅沢しようと考えた。夫妻は自殺も考えたが、旅行先でみた元子たちが仲の良い夫婦に見え、希望があるようにみえた。「あの2人のおかげでいきようと思った。」と佐藤良樹は取り調べで供述した。

元子は銀座へ復活!森村隆志も新たな道へ

偶然が重なり、森村隆志と元子は警察に逮捕されずに済んだ。その後、森村は喫茶店を開店するために計画をたてはじめ、元子は銀座へ再び店をだすことになった。

黒革の手帖~拐帯行~放送日はいつから?動画配信についても

ドラマスペシャル「黒革の手帖~拐帯行~」放送日は2021年1月7日。テレビ朝日にて木曜よる8時から放送になります。

今回のドラマの土台となる、2017年の連続ドラマ版は公式サイト・TVer・Abema TVからで過去のドラマの見逃し配信がされています(無料配信は期限が設けられています)

黒革の手帖~拐帯行~再放送(2020~2021)

2017年に放送された武井咲主演の連続ドラマ「黒革の手帖~拐帯行~」は再放送もされます。2021年の続編となるドラマスペシャル「黒革の手帖~拐帯行~」の背景となった全8話は12月30日から1月7日の間に再放送されます。

2020年:12/30(水)昼0:00-0:59

2021年:1/2(土)昼1:00-3:00・1/4(月)昼2:46-3:43・1/5(火)昼1:49-2:46・1/6(水)昼1:49-2:46・1/7(木)昼1:49-3:43

黒革の手帖~拐帯行~キャストと役「武井咲が3年ぶりのドラマ復帰」

ドラマスペシャル「黒革の手帖~拐帯行~」のキャストと役についてはこちらになります。

武井咲 役:原口元子

   

武井咲

1993年12月25日生まれ。2006年中学校1年生のときに「第11回全日本国民的美少女コンテスト」でモデル部門賞を受賞し芸能界デビュー。2008年に「櫻の園」にて女優デビュー。私生活では2017年にEXILEのTAKAHIROと結婚し一児の母。

原口元子について

派遣社員として銀行員を務める傍ら、夜は銀座のクラブでホステスとして働いていた。勤務先の銀行から1億8千万円を横領して退社し、銀座にクラブ「カルネ」をオープンされる。黒革の手帖を手に、さらに上に這い上がり順調に事が進んでいたが、横領罪で警察に連行されてしまい、3年の服役生活を送る。

仲里依紗 役:山田波子

 

仲里依紗

1989年10月18日生まれ。ファッション誌モデルを経て、女優デビューする。2006年に公開された¥映画『時をかける少女』でヒロイン役に抜てき。私生活では2013年に中尾明慶と結婚し一児の母となる。

山田波子について

原口元子の銀行時代の元同僚。元子に誘われ、銀座のクラブのホステスに転職する。売れっ子ホステスだ、同僚の客をとったり、元子をライバル視しはじめ、二人の関係は険悪になる。スペシャル版では金沢のクラブで働く元子を追いかけてさらにライバル心をむき出しにする。

高畑淳子 役:中岡市子

高畑淳子

1954年10月11日生まれ。大学卒業後に舞台女優としてデビュー。1995年「3年B組金八先生」で養護教諭の本田知美役、2003年「白い巨塔」で東教授の妻・東政子役を演じ、知名度が上昇する。

中岡市子について

楢林クリニック看護師長で、楢林院長の長年の愛人。市子が元子から黒革の手帖を盗んだことにより、警察に元子の罪が明らかになり逮捕に至る。

高嶋政伸 役:橋田常雄

高嶋政伸

1966年10月27日生まれ。役者一家であり、1990年「HOTEL」で知名度上昇。若い頃は好青年役が多かったが、最近は「怪演俳優」と呼ばれるほど、様々な役を演じている。

橋田常雄について

大手予備校「上星ゼミナール」理事長。裏口入学を斡旋しており、金の執着はすさまじい。原口元子に好意を寄せているが、相手にされず嫉妬心がむき出しになる。金沢で再出発した元子と偶然再会し、再び元子を夜の世界へ誘う。

安達祐実 役:板橋レイナ

安達祐実

1981年9月14日生まれ。2歳の頃芸能界デビュー。超有名子役から、女優へと転身する。2014年「花魁道中」で主演を演じ、女優としての幅を広げる。

板橋レイナについて

金沢の高級クラブ「アルテローズ」のママ。元子が入店したことにより、ママの座を奪われ、元子に恨みを募らせる。

渡部篤郎 役:神代周吾

渡部篤郎

1968年5月5日生まれ。1991年ドラマ『青春の門』で俳優デビュー。1995年映画『静かな生活』では日本アカデミー賞優秀主演男優賞と新人賞を受賞。

神代周吾について

神代ソリューションズCEOで、元子を高級クラブ「アルテローズ」に入店させる。また森村隆志の父親を死に追い込んだ本人であり、恨まれる存在に。

毎熊克哉(まいぐまかつや) 役:森村隆志(もりむらたかし)

毎熊克哉

1987年3月28日生まれ。もともと映画監督を志していたが、専門学校卒業後は俳優へ転身する。2018年NHK連続テレビ小説「まんぷく」に出演し知名度を上げる。

森村隆志について

金沢で派遣社員として働く。父親を自殺に追い込んだ神代への復讐に燃える。元子と出会い、悪に手を染めてしまう。

黒革の手帖~拐帯行~原作ネタバレ「殺人事件にまで発展か」

ドラマスペシャル「黒革の手帖~拐帯行~」のネタバレについてはこちらです。「拐帯行(かいたいこう)」の原作は松本清張の短編小説の1編で、黒革の手帖では「拐帯行」をアレンジしたものになります。原作をもとにしたネタバレをみていきましょう。

森村隆志は会社の金を横領し、恋人の西池久美子と東京から九州に旅行に出かける。森村隆志も西池久美子も生きる希望を失っており、隆志は久美子と心中する目的で旅行に出かけるが、久美子はそのことを知らない。

二人は旅行の道中の熱海駅で、ある老夫婦をみかける。二人は品が良く、幸せそうに見えた。隆志は横領した金で、きれいな服を買い、高級ホテルに宿泊。九州旅行を堪能し、久美子も幸せな気分に浸る。しかし、隆志は久美子に自殺について語り、二人の気分も暗くなる。死ぬ前の贅沢な旅だったのだが、あの幸せそうな老夫婦のことが頭をよぎり複雑な感情が芽生え始めていた。

老夫婦は隆志たちの旅の途中にも度々現れ、言葉を交わすようになる。老夫婦とか関わっていくうちに、隆志は死ぬことよりも生きる希望を見出すようになっていく。そして、隆志は横領した罪を償い、人生のやり直しを決意する。

しかし後日、隆志はあの老夫婦について思いがけないことを知らされる、上品で幸せそうに見えた老夫婦は実は、会社の金1000万円を横領しており、しかも夫婦ではなく愛人関係だったのだ。しかも、その後2人は薬を飲んで自殺していたという話だった。老夫婦だと思っていた2人から生きる希望をもらった隆志は言葉を失うのだった。

ここまでが原作のネタバレになります。

スペシャルドラマ黒革の手帖にも”森村隆志”は登場しますが、恋人役の西池久美子は登場しません。しかもドラマ版での隆志は神代に強い恨みをもっています。そして、元子との出会いで人生が大きく変わることになるのですが、この前置きの設定の段階で原作とは違う物語になっていることがわかります。

コメント