事件

みらい長崎ココウォーク飛び降りは誰で名前は「ヘップファイブ激似の建物で模倣自殺か」画像

事件

長崎市茂里町のみらい長崎ココウォークで18歳の女子高生が飛び降り自殺。女子高生の名前や顔画像などの身元について調査しました。また、先日ヘップファイブでの飛び降り自殺と建物が激似。模倣自殺なのか画像とともに紹介します。

追記:みらい長崎ココウォーク飛び降りは18歳の女子高生と身元判明

みらい長崎ココウォークでの飛び降りた人は18歳の県立高3年女子高校生と判明しました。この女子高生は29日の事件当時学校を欠席していたとのこと。いじめや人間関係のトラブルの報告もされていません。飛び降り直後に、現場で手当を施され、病院へ搬送されるも死亡が確認されました。

飛び降り女子高生の名前「去年は18歳の高校生が自殺していた」

みらい長崎ココウォークで飛び降り自殺した人について、現段階では報道はされていません。現場では飛び降りた人に対して救急隊が心臓マッサージを施し、騒然とした雰囲気になっています。

 

 

みらい長崎ココウォークでは去年も同じ場所で18歳男子高校生の自殺がありました。その少年は受験で悩み思いつめて自殺してしまったとのことです。飛び降りた人の詳細については新たな情報が入り次第追記していきます。

追記:ココウォーク飛び降り女子高生「トラウマレベルの現場」

みらい長崎ココウォークでの飛び降りについて引き続き調査をしていますが、全国ニュースでも地元ニュースでも取り上げられておらず、詳細についての特定には至っておりません。現地にいた人からのTweet情報によると、「女性」である可能性が浮上しました。

初心忘るべからず(@Do_your_best7)さんはTwitterを利用しています

先日ヘップファイブから飛び降りた男子高校生は事件当初「40代のおじさん」と言われていました。あくまで目撃情報であり、実際は性別や年齢などの特定はできていない状態です。今後も新たな情報を追い追記していきます。

ココウォーク飛び降り「建物がヘップファイブと激似で模倣自殺か」

みらい長崎ココウォークの建物は観覧車が屋上部分にあるのが特徴的になっています。飛び降り自殺といえば先日、大阪梅田のヘップファイブで17歳の男子高校生が飛び降り自殺した事件が記憶に新しいです。ココウォークとヘップファイブの建物を見比べると激似であることが判明。見比べて見ましょう。

こちらがヘップファイブの建物画像です。

そして、今回の飛び降り現場のみらい長崎ココウォークの建物の外観

ヘップファイブの方が規模が大きいものの、赤いライトで照らされた屋上部分の観覧車、パット見似ています。そしてどちらも飛び降り自殺が起きています。どちらも10代の学生。今回の飛び降りた人に関しての身元は明らかになってはいませんが、このような目立つ場所で自殺するのは何か目的があるのでしょうか。

長崎ココウォークの場所と住所

飛び降り事件が起きたとされる、みらい長崎ココウォークの住所はこちらです。

〒852-8104 〒長崎県長崎市茂里町1-55

ニュースの木

コメント