ここは今から倫理ですドラマ

ここは今から倫理です。ドラマ全話ネタバレとキャストの紹介「山田裕貴が再び教師役へ」

ここは今から倫理です

1月16日からNHKで放送開始のドラマ「ここは今から倫理です。」の俳優(キャスト)と役、あらすじ、第1話から最終回のネタバレについて紹介していきます。動画を無料で視聴する方法についてや、いつから放送で全何話についてもまとめていきます。

  1. ここは今から倫理です。あらすじ「問題を抱えた11人の生徒たち」
  2. ここは今から倫理です。キャストと役「生徒役は実際の高校生が中心」
    1. 山田裕貴(やまだゆうき) 役:高柳(たかやなぎ)
    2. 茅島みずき(かやしまみずき) 役:逢沢いち子(あいざわいちこ)
    3. 池田優斗 役:谷口恭一
    4. 渡邉蒼(わたなべあお) 役:間幸喜(はざまこうき)
    5. 池田朱那(いけだあかな) 役:深川時代(ふかがわときよ)
    6. 川野快晴(かわのかいせい) 役:近藤陸(こんどうりく)
    7. 浦上晟周(うらがみせいしゅう) 役:山野亮太(やまのりょうた)
    8. 吉柳咲良(きりゅうさくら) 役:高崎由梨(たかさきゆり)
    9. 板垣李光人(いたがきりひと) 役:都幾川幸人(ときがわゆきと)
    10. 犬飼直紀(いぬかいなおき) 役:曽我涼馬(そがりょうま)
    11. 杉田雷麟(すぎたらいる) 役:田村創(たむらはじめ)
    12. 中田青渚(なかたせいな) 役:南香緒里(みなみかおり)
  3. ここは今から倫理です。ドラマを無料で視聴する方法
  4. ここは今から倫理です。ドラマの放送日はいつからで全何話?
  5. ここは今から倫理です。原作、脚本、プロデューサーについて
    1. ここは今から倫理です。原作は雨瀬シオリの漫画
    2. ここは今から倫理です。脚本は高羽彩氏
    3. ここは今から倫理です。プロデューサーは倉崎憲氏
  6. ここは今から倫理です。ネタバレと考察
  7. ここは今から倫理です。主題歌

ここは今から倫理です。あらすじ「問題を抱えた11人の生徒たち」

高校の選択科目で倫理の授業を受けることに鳴った11人の生徒たち。一見普通にみえる生徒たちだが、それぞれに問題を抱えており人知れず悩んでいた。生徒の中には、自傷行為をくりかえしたり、深夜に遊び回る、薬物や性に乱れるなど様々。そんなときに高柳が哲学の言葉を用いて、生徒の心の闇に触れ合っていく。

退屈だと思っていた倫理の授業だが、高柳の問いかけや先人の言葉によって、生徒たちの心に気づきをあたえていくストーリー。生きるとはなにか?生徒たちは救われていくのか。

ここは今から倫理です。キャストと役「生徒役は実際の高校生が中心」

山田裕貴主演のドラマ「ここは今から倫理です。」の俳優と役について紹介します。 

山田裕貴演じる高柳先生の授業を受ける11人の生徒役は実際の高校生が中心となり、何度もオーディションを重ねた結果、厳選された俳優陣になります。

山田裕貴(やまだゆうき) 役:高柳(たかやなぎ)

山田裕貴

1990年9月18年生まれ。2011年に「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役で俳優デビューする。2017年には「おんな城主直虎」で大河ドラマ初出演。役者魂が強く、カメレオン俳優とも言われる。父親は元プロ野球選手の山田 和利。

高柳について

高校3年生の選択科目の倫理専門の教師。外見はイケメンであるが、話し口調は淡々としており、事務的な印象がある。しかし悩んでいる生徒に関心を持ち、哲学者の言葉を引用し、解決に向けて尽力する。想定外の事態に直面すると、人間らしい慌てた表情を見せたりもする。喫煙者で離婚歴あり。

茅島みずき(かやしまみずき) 役:逢沢いち子(あいざわいちこ)

茅島みずき

2004年7月6日生まれ。2017年に「アミューズ 全県全員面接オーディション2017 〜九州・沖縄編〜」でグランプリを獲得し芸能界デビュー。2019年に女優デビューを果たす。

逢沢いち子について

不良男子とつるんでおり、学校内だろうと構わず性行為をする問題児。あるとき、仲間と性行為をしているところを高柳に注意され、教養がないことも指摘される。以後高柳のことが気になりはじめ、勉強も真面目にするようになり好意を持ち始める。

池田優斗 役:谷口恭一

池田優斗

2005年6月25日生まれ。5歳の頃から子役として芸能界で活動する。2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」の有村俊斎の幼少期役などに出演。

谷口恭一について

地味でおとなしい性格。小中学校のときにいじめられており、いじめっ子を救える先生を志す。

渡邉蒼(わたなべあお) 役:間幸喜(はざまこうき)

渡邉蒼

2004年10月14日生まれ。小学生のときに子役としてデビューする。2019年NHK連続テレビ小説「なつぞら」では、ヒロインの兄・奥原咲太郎の幼少期を演じる。

間幸喜について

不良とつるんでおり夜遊びに明け暮れる。倫理の授業中は居眠りをしており、ある日高柳から電話番号を渡され、電話をかけ思わぬことを指摘される。

池田朱那(いけだあかな) 役:深川時代(ふかがわときよ)

池田朱那

2001年10月31日生まれ。野球女子としても注目されている女優。

深川時代について

一見クールな女子だが、教師を困らせることに楽しさを感じており、高柳にもセクハラの罪を着せようとしたが失敗する。美人な姉へのコンプレックスが強い。

川野快晴(かわのかいせい) 役:近藤陸(こんどうりく)

川野快晴

2001年1月17日生まれ。ホリ・エージェンシー所属の俳優。

近藤陸について

両親が離婚しており、父親も仕事で家に不在がち。兄の素行が悪く、自分も巻き込まれてしまう。間幸喜や山野亮太と仲が良い。

浦上晟周(うらがみせいしゅう) 役:山野亮太(やまのりょうた)

浦上 晟周

1999年11月23日生まれ。2013年ドラマ「家族ゲーム」にオーディションで抜擢される。ドラマや、映画、舞台など幅広く活躍する。

山野亮太について

間や近藤と仲が良いが、不良ではなく家庭環境も問題ない至って普通の生徒。普通である自分に悩む。

吉柳咲良(きりゅうさくら) 役:高崎由梨(たかさきゆり)

吉柳 咲良

2004年4月22日生まれ。2016年第41回ホリプロスカウトキャラバン「PURE GIRL 2016」でグランプリ受賞。2017年舞台「ピーターパン」で女優デビューする。

高崎由梨について

日常的にリストカットを繰り返しているが、死にたいという気持ちが強いわけではない。都幾川と仲が良いが、リストカットをめぐって騒動になる。

板垣李光人(いたがきりひと) 役:都幾川幸人(ときがわゆきと)

板垣 李光人

2002年1月28日生まれ。子供の頃からモデルとして活動しており、後に俳優デビューする。

都幾川幸人について

母子家庭で育ち、愛情十分に受けずに育つ。人との距離感をつかむことができずに、不登校がちだが、登校しても保健室で過ごす事が多い。落ち着いた話し口調の高柳のことを信頼している。長い前髪が特徴。

犬飼直紀(いぬかいなおき) 役:曽我涼馬(そがりょうま)

犬飼 直紀

2000年12月9日生まれ。2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」大山格之助 (少年期)役、2020年「麒麟が来る」斎藤喜平次役で出演。

曽我涼馬について

無口な生徒であるが、自分の意志により口をきいていない。成績は優秀。

杉田雷麟(すぎたらいる) 役:田村創(たむらはじめ)

杉田雷麟

2002年2月10日生まれ。14歳の時、ニチバンケアリーヴのCMで芸能界デビュー。スペシャルドラマ「Aではない君と」佐藤浩市演じる吉永圭一の息子・青葉翼役に抜てきされる

田村創について

母親の期待に応え、良い大学に入り、良い企業に入ることを目標としている。その反面何のために勉強しているのかと疑問を持ち始めている。

中田青渚(なかたせいな) 役:南香緒里(みなみかおり)

中田 青渚

2000年1月6日生まれ。2014年「 第5回Sho-comiプリンセスオーディション2014」においてグランプリを受賞し芸能界デビュー。

南香緒里について

一匹狼タイプの女子。クラスメイトから孤立しているわけではなく、あえて自分から距離をおいている。

ここは今から倫理です。ドラマを無料で視聴する方法

ドラマ版「ここは今から倫理です。」は、「NHKオンデマンド」で視聴することができます。

NHKオンデマンド配信している作品はU-NEXTでも配信される予定です。

 

U-NEXTはテレビ局系の動画サービスではないため、各民放テレビ局の番組だけでなく実はNHKの番組も視聴することが可能です。

また、U-NEXTでは、番組をそれぞれ単品でレンタル(一部の作品は、放送1週間後から単品のレンタルが可能となります。)するか、「NHKまるごと見放題パック」に加入することによって、NHKオンデマンドの作品を楽しむことができます。

 

 

U-NEXT

 

まるごと見放題パックのお申し込み方法

  1. U-NEXTの無料トライアルに申し込む
  2. NHKオンデマンド対象作品の購入時に、「まるごと見放題パック」に申し込む

※NHKオンデマンド作品は、単品でもご利用になれます。
(一部の作品は、放送1週間後から単品のレンタルが可能となります。)

 

ここは今から倫理です。ドラマの放送日はいつからで全何話?

ドラマ「ここは今から倫理です。」の放送はNHK総合で毎週土曜 よる11時30分から11時59分。

第1話目は2021年1月16日(土)。全8回放送で、最終回は3月6日(土)になります。

ここは今から倫理です。原作、脚本、プロデューサーについて

ドラマ版「ここは今から倫理です。」の原作、脚本、プロデューサーについて紹介していきます。

ここは今から倫理です。原作は雨瀬シオリの漫画

ドラマ「ここは今から倫理です。」の原作は雨瀬シオリ氏による漫画で、「グランドジャンププレミアム」にて2016年11月号から2018年11月号まで掲載されていました。

※グランドジャンプより画像引用

漫画版では、1話か2話ごとに生徒1人ずつに焦点を当てて、生徒が抱える問題や高柳との関わり合いが主に描かれています。

ここは今から倫理です。脚本は高羽彩氏

高羽彩氏は早稲田大学卒業し、2004年に個人演劇ユニット『タカハ劇団』を旗揚げ、主宰・脚本・演出を手掛けています。女優としても活躍し、自分が手掛けた作品に出演するなど活動の幅を広げています。

手掛けた脚本については、2010年に、紀伊國屋ホール「僕等のチカラで世界があと何回救えたか」2013年神奈川芸術劇場「耳なし芳一」など。

ここは今から倫理です。プロデューサーは倉崎憲氏

倉崎憲氏は、京都府出身で同志社大学卒業後、2011年NHK入局。大河ドラマ「平清盛」などの助監督を経て、妻夫木主演の「世界から猫が消えたなら」を初演出、市原隼人主演の小説をラジオドラマ化した「迷走」など演出しました。

ドラマは 2015年「私の青おに」でドラマ監督としてデビューします。現在は大河ドラマ「いだてん」を経て、2020年上半期朝ドラ「エール」を担当しています。

ここは今から倫理です。ネタバレと考察

ドラマ「ここは今から倫理です。」の放送開始後に、第1話からのネタバレと感想をまとめていきます。最近では「先生を消す方程式。」で頼田朝日役を演じた山田裕貴が再び教師役として登場。どんな役柄になるのでしょうか。

ここは今から倫理です。主題歌

ドラマ「ここは今から倫理です。」の主題歌は現時点では発表されていません。発表され次第、紹介していきます。

コメント