事件

福岡15歳少年5chで名前特定「吉松弥里さんに一方的な恋愛感情か」振り向いて欲しく逆上も

事件

マークイズ福岡ももちでの中学3年生15歳少年による無差別殺人事件。少年と吉松弥里さんには面識や恋愛関係はあったのか。吉松さんのインスタグラムとFacebookも特定。少年の脱走した更生保護施設はどこ?複雑な家庭で親と別居していたことも判明。少年の名前や顔画像も5chや爆サイからも調べてみました。

福岡15歳少年の顔と名前が爆サイで特定「母親への恨み」が動機か?精神崩壊から殺人鬼へ

野口麻美さんの顔画像とFacebook特定か「犯人のDV元カレは自殺」東京中野区

福岡15歳少年は中学3年生「複雑な家庭環境で親とは別居」

吉松みさとさんを殺害した15歳少年について、少しずつ明らかになってきました。

福岡市の商業施設でアルバイト吉松弥里さん(21)が刺殺された事件で、福岡県警は31日、銃刀法違反容疑で逮捕された少年の身元について、住所不定の中学3年生(15)と発表した。少年に通学歴はなく、居住予定だった県内の更生保護施設から事件前日に失踪していた。吉松さんを刺したとほのめかす供述をしており、施設には「戻る意思はない」と話しているという。

県警によると、少年は複雑な環境で育ち、家族と離れて暮らしていた。26日に九州地方の少年院から福岡県内の更生保護施設に移ったが、翌27日に失踪。施設から包丁などは持ち出されていないという。

15歳少年は、少年院を出ても、帰る家がなかったということですね。

福岡15歳少年の顔画像と名前が爆サイ・5chで特定か

吉松弥里さんを殺害した犯人の自称15歳少年の実名と顔画像は特定できたのでしょうか。

少年の横顔です。

警察に連行される15歳少年。成長期なのでしょう。まだ幼い印象があります。

逮捕された少年は未成年であり、これだけ残虐な殺人を犯し、特定されても報道機関で公表されることはないでしょう。

しかし、「爆サイ」で本人の卒業アルバムと実名と思われる投稿がされていました。

いわゆる「ヤンキー」ではなく、どちらかといえばおとなしそうな印象。

笑顔があどけないですが、女性にモテるタイプではなさそうです。

また、「爆サイ」で投稿されていた顔写真については、少年が未成年ということもあり、ここでの掲載は控えさせて頂きます。

福岡15歳少年の顔と名前が爆サイで特定「母親への恨み」が動機か?精神崩壊から殺人鬼へ

野口麻美さんの顔画像とFacebook特定か「犯人のDV元カレは自殺」東京中野区

福岡15歳少年は吉松弥里さんに一方的な恋愛感情をもっていたか

今回の事件で不可解なのは、15歳少年は吉松弥里(よしまつみさと)さんを執拗に追いかけて殺害したとのことです。

2人に面識はないと報道されていますが、吉松さんは亡くなっており真相は不明です。

また15歳少年は学校に通っておらず、少年院に入所しており、吉松さんとは6歳年が離れていることから接点があるとは考えにくいでしょう。

だとすると、完全に15歳少年の一方的な恋愛感情から、とも考えられます。

これだけ残虐な殺人を犯した15歳少年ですが、一般的には思春期の男子です。

女の子とつきあってみたい年頃であり、特に年上の綺麗なお姉さんに憧れをもっていたのではないでしょうか。

吉松弥里さんは21歳の美人な方です。

15歳の少年からしたら、一目惚れなんていうこともあるかもしれません。

しかし、15歳少年は通学歴もないことから、人との距離感もわからず突然吉松さんに迫った可能性もあります。

そして、自分の想像つかない反応をされ思わず逆上だったとしたらどうでしょうか。

15歳少年は「楽しそうにしてる奴らを傷つけたかった」強い憧れか

画像:爆サイより引用

15歳少年は吉松さんに恋愛感情がなかったとしても、吉松さん達のような「若者のグループ」に強い憧れをもっていたかも知れません。

事件当日、吉松さんは複数人の友人と「マークイズ福岡ももち」に訪れており、21歳ならではの明るさで楽しそうな雰囲気がでていたことは想像がつきます。

決して自分には持つことのできない「楽しい仲間」。

生まれてから15年間、親にも見放され、友達どころか誰にも見向きもされない。

「自分には帰る家もない」

闇の深い孤独な人生だったのでしょう。

そして「なんで自分だけが、、」という感情から「楽しそうにしてる奴らを傷つけたい」という憎しみに変わり感情が一気に爆発したとも考えられます。

吉松弥里さんのインスタグラムとFacebook特定

15歳少年に殺害された吉松みさとさんのインスタグラムはこちらです。

最終更新は2017年の8月。

多くの友人と海水浴とバーベキューに来ているところを投稿していました。

吉松さんについては「明るい人柄で友人が多かった」と話していますが、そのままの様子がインスタグラムに投稿されています。

また吉松さんのFacebookについてはこちらです。

 

また、吉松さんはシングル家庭で、母親とふたり暮らしであったことがわかりました。

まだこの先楽しい未来が待っていた矢先の出来事に、現実を受け止めるのはあまりに残酷すぎます。

福岡15歳少年の更生保護施設のどこで名前は?

吉松さんを殺害した15歳少年は、数日前まで少年院で過ごしており、更生保護施設に移動したのは最近のことです。

この15歳少年の入所していた更生保護施設の名前と場所はどこでしょうか。

報道機関では発表されていません。ただわかるのは福岡県内の更生保護施設ということです。

福岡県内には何件か更生保護施設がありますが、そのなかで障害者向けの施設を除いた施設をピックアップしました。以下3件がヒットしました。

 

①A・R・C

福岡県福岡市南区大橋4丁目8-3

②つばめ工房原

福岡県福岡市早良区原3丁目18-15

③福正会

福岡県福岡市早良区百道1丁目3-13

 

上記いずれかの施設ではないかと考えられますが、少年の入所していたとされる更生保護施設からのコメントは発表されていない状況で詳細は不明のままです。

15歳少年「不幸な生い立ちは親のせい」といわんばかりの開き直り態度

マークイズ福岡ももちで吉松さんを殺害した15歳少年は吉松さんを刺したことを認めていますが、「施設にはもどる意志はない」と供述していることがわかりました。

また、吉松さんはじめ、馬乗りになって暴行しようとした6歳の女の子に対しても謝罪の言葉もなく、施設に戻らないという自分の意志だけ。

15歳少年は自分の犯した事の重大性を理解していないのか、「こんな人間にしたのは全て親のでいだ」と責任転嫁しているようにしかみえません。

憎しみが強く、それだけを支えに生きてきたということの現れでしょうか。

15歳少年の「意味不明言動」は演技で計画性あり!少年院では良い子だった

吉松弥里さんを殺害し15歳少年は、警察に取り押さえられたとき「意味不明な言動」を繰り返していたと報道されており、精神障害や心神喪失なのでは?という声もきかれましたが、15歳少年の行動をたどればデマだということがわかります。

15歳少年はどのようにしてマークイズ福岡ももちにたどり着いたのか

15歳少年は脱走した更生保護施設から「マークイズ福岡ももち」まで所持金も無いなか、どのようにしてたどりついたのでしょうか。

警察の調べで少年は「見知らぬ善意の人から現金3000円をもらってバスで来た」という趣旨の供述をしていることがわかりました。

常識的に考えにくいですが、あり得る話でもあります。

おとなしそうな見た目、「財布を無くして家に帰れない」と悲しそうに演技でもすれば、中にはお金を恵んでくれる人もいるでしょう。

もちろん、恵んでくれそうな人を選んで思いっきり悲しそうな演技をしたに違いありません。

15歳少年が所持していたナイフは店から万引したもの

15歳少年が凶器として使用した包丁についてですが、更生保護施設から盗んだものではないことが判明。

現場からは2種類の包丁が押収されていますが、どちらも新しいものであり、少年が商業施設内で盗んだとみて、警察が調べています。

少年は恵んでもらった3000円を手に無我夢中にマークイズ福岡ももちへ足を向けます。

そして何か自分に役に立つものと、包丁を誰にもバレずに万引するところは冷静な様子も伺えます。

包丁を手に入れてから、次の行動に移る。計画的なものを感じます。

15歳少年は6歳の女の子を人質に逃走を計画する

15歳少年は吉松さんを刺した後、6歳の女の子に馬乗りになり暴行しようとしたところを、かけつけた来客の消防士に差し押さえられて御用となりましたが、そのときの供述が「逃げたかった」と話していることがわかりました。

少年は「無差別殺人」の犯行をしていますが、しっかり自分より弱い相手を見極めて行動しています。

ましてや6歳の女の子なんて無力であり、貧弱な15歳少年でもどうにかなると考えたのでしょう。

めちゃくちゃにみえて、実は計画性があったってことですね。

一見、少年の行動は支離滅裂で精神異常も疑われるとみられますが、一連の行動の流れをみると、計画性があり状況判断ができていることがわかります。

少年院も退所できたということは、少年院内では「良い子」を演じていれば退所できるということをわかっていたのではないでしょうか。

大人の都合で振り回されていた幼少期。良い子のふりならお手の物だったのでしょう。

ニュースの木

コメント